ゴールドカードに必要な年収は?誰でも持てるのか、審査基準や条件も解説

  • ゴールドカードに必要な年収は?誰でも持てるのか、審査基準や条件も解説

    2023.06.20

ゴールドカードに必要な年収は?誰でも持てるのか、審査基準や条件も解説

高いステータス性を持つゴールドカード。充実した付帯サービスが魅力である一方、「年収が高くないと審査に通らない」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。ゴールドカードを申し込む前は、審査基準や申込条件を確認しておくことが大切です。
ここでは、ゴールドカードの発行に必要な年収の目安や審査で重視されるポイントについて解説していきます。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

ゴールドカードが持てる年収の目安は?

クレジットカードにはランクがあり、「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」とランクが高くなります。

カードランクと特典・サービス、ステータス・年会費の関係

カード会社によってはプラチナカードよりもランクが高い「ブラックカード」を用意している場合もあります。ランクが高いカードほど特典やサービスが充実し、審査の難易度も上がるのが一般的です。

三井住友カードではブラックカードの発行はありません。

ゴールドカードは、一般カードに比べると審査基準や申込条件が厳しくなる傾向にあるものの、なかには年収がそれほど高くなくても発行できるカードもあります。ここからは、ゴールドカードの発行に必要な年収の目安や審査基準について詳しく見ていきましょう。

ゴールドカードに申し込むと、カード会社にて入会審査が行われますが、審査に通過できる年収の目安は公表されていません。ゴールドカードの審査はさまざまな項目を考慮して行われるため、一概に年収だけで判断できるものではないためです。

年収が高くても何らかの理由で審査に通過できない場合もあります。その反対に、年収が高いわけではなくても、審査基準を満たしていれば、ゴールドカードを発行できることがあるのです。

あくまで年収は審査基準のひとつであり、それだけでカードの発行の可否が決まるわけではないことを理解しておきましょう。

ゴールドカードを含め、クレジットカードには入会のための審査が行われますが、審査基準は、各社ともに非公開とされています。

クレジットカード会社の審査チェック例

「入会時の審査はさまざまな項目を総合的に判断される」と前述しましたが、「信用情報」もそのひとつです。

信用情報とはクレジットカードやローンの契約・申し込みに関する情報で、金融機関が個人の支払い能力を判断するときの材料になります。信用情報にはこれまでのクレジットカードの利用履歴や、ローンの返済状況が含まれているため、過去に支払いを延滞した履歴があると審査に不利に働くこともあります。

また、入会審査では「本人の属性」も重要な審査基準です。本人の属性とは、職業や勤務先、年収といった情報を指します。

ただし「これだけの年収があれば審査に通る」という絶対的な基準はなく、信用情報や属性を総合的に判断して、カードの発行の可否が判断されるしくみです。

ゴールドカードを申し込める条件は?

クレジットカードにはそれぞれ申込条件が決められており、ゴールドカードは一般カードに比べて厳しい基準が定められている傾向にあります。ここからは、ゴールドカードの申込条件について確認していきましょう。

ゴールドカードは、申込条件を満たしていれば、誰でも入会の申し込みを行うことができます。ゴールドカードの申込条件については、「○○歳以上の方」や「安定した収入がある方」といった年齢や収入に関する条件が設けられていることが一般的です。

「ゴールドカードは審査が厳しいから、正社員じゃなければ難しいのでは」と思うかもしれません。しかし、勤続年数や雇用形態といった細かい申込条件まで設けているケースは少ないでしょう。

基本的には、申込書に記入された情報をもとに審査で判断されることとなっています。そのため、契約社員やパートで働いている方がゴールドカードを発行できる可能性もありますし、年齢などの条件を満たしていれば学生でも発行できることもあります。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


三井住友カードのゴールドカードの申込条件

三井住友カードのゴールドカードである「三井住友カード ゴールド(NL)」と「三井住友カード ゴールド」の申込条件は、それぞれ下記の通りです。

カード名称 申込条件
三井住友カード ゴールド(NL) 原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
三井住友カード ゴールド 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

ゴールド独自の審査基準により発行させていただきます。

どちらも安定した継続収入のある方を対象としていますが、年齢については三井住友カード ゴールド(NL)が「満20歳以上」、三井住友カード ゴールドが「満30歳以上」となっています。
「若いうちからゴールドカードを作っておきたい」という20代の方には、三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめです。

一方、満30歳以上から申し込みが可能な「三井住友カード ゴールド」は、旅行傷害保険が国内・海外ともに最高5,000万円と、補償が手厚い特徴があります。

ポイントが貯まりやすくお得な特典も!三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズにお買い物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

使うほどおトクなゴールドカード

使うほどおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大7%!

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード ゴールド(NL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

ゴールドカードの審査基準を理解して申し込もう

ゴールドカードの審査基準は公表されておらず、「この年収なら絶対に通る」と断言できるものはありません。しかし、一般的には、信用情報や年収、本人の属性などが審査で重視されており、その点を理解してゴールドカードに申し込むことが大切です。
また、ゴールドカードの申込条件はカードによって異なりますので、あらかじめ申込条件に当てはまるかきちんと確認しておきましょう。

よくある質問

Q1.ゴールドカードが持てる年収の目安は?

ゴールドカードの審査はさまざまな項目を考慮して行われますので、審査に通過できる年収の目安はありません。審査は年収以外の情報も考慮して行われるため、年収が高くても審査に落ちることもあり、反対に年収が高くない場合でもゴールドカードを発行できるケースがあります。あくまで年収は審査基準のひとつであるということを理解しておきましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.ゴールドカードの審査基準は?

ゴールドカードの入会審査では、信用情報や本人の属性を総合的に判断されます。信用情報には、これまでのクレジットカードやローンの履歴も含まれるため、過去に支払いを延滞したことがある場合、審査に不利に働くことも想定されます。また、職業や勤務先といった属性についても審査基準のひとつとなります。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.ゴールドカードを申し込める条件は?

ゴールドカードの申込条件については、「○○歳以上の方」や「安定した収入がある方」といった年齢や収入に関する条件が設けられていることが一般的です。

詳しくは以下をご覧ください。

本記事でご紹介した内容は、必ずしも弊社の審査条件を示すものではなく、所定の審査があります。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

Apple、Apple Payは、Apple Inc.の商標です。

 Google Pay は Google LLC の商標です。

2023年6月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

ハイステータスな1枚を求めるあなたに。三井住友カードがおすすめ!

ハイステータスな1枚を求めるあなたに

ハイステータスな1枚を求めるあなたに

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。