SMBC ロゴ
SMBCグループ
SMBC SMBCグループ
SMBC SMBCグループ

海外旅行傷害保険

海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスです。
法人カード会員の方、三井住友カード プラチナ会員(プラチナプリファード除く)の方(個人・法人)は下記リンク先にてご確認ください。

  • カード付帯保険サービスは、VJA株式会社が保険契約者となり、三井住友カード会員の皆さまが被保険者とする保険契約となります。
  • 当該カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本の住居をご出発の旅行から対象となります。
  • 海外旅行傷害保険の補償期間は1旅行につき最長3ヵ月で、ご旅行の都度適用となります。
  • 当ページは、カード付帯保険サービスの概要についてご説明しております。実際の保険金お支払いの可否は普通保険約款および特約などに基づきます。
  • カード付帯保険はお持ちのカードにより付帯条件や補償内容が異なります。
  • 提携カードなど一部のカードには、カード付帯保険が付帯されておりませんのでご注意ください。

海外旅行傷害保険のメリット

旅先でのケガや病気、さまざまなトラブルをサポート!

旅先でのケガや病気、さまざまなトラブルをサポート!

ケガや病気、携行品の破損や盗難、法律上の賠償責任を負った場合などを補償します。

24時間365日、日本語でサポート!

24時間365日、日本語でサポート!

旅先で万が一アクシデントに遭った場合、三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」がご利用いただけます。

事前のお手続きは不要!

事前のお手続きは不要!

自動付帯の場合、お申し込みなどの事前のお手続きは必要ございません。(※)

(※)条件を充足した場合に補償適用となるカード利用条件付帯もございます。下記ご確認ください。

対象

プラチナプリファード、ゴールド、プライムゴールド、ヤングゴールド、エグゼクティブ、三井住友カード A、アミティエ、三井住友カード(一般)の本会員およびご家族会員の方が対象となります。

補償内容・保険金額

プラチナプリファード、ゴールド、プライムゴールド、ヤングゴールド、エグゼクティブ、三井住友カード A、アミティエカード会員の方

傷害死亡・後遺障害は、事前の旅費などの当該カードでのクレジット決済有無により最高補償額が異なります。その他の担保項目は、当該カードでのクレジット決済有無に関わらず自動的に補償されます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード種類 プラチナプリファード・
ゴールド・
プライムゴールド
ヤングゴールド・
エグゼクティブ
三井住友カード A・
アミティエ
担保項目 保険金額 保険金額 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
合計 最高5,000万円 最高3,000万円 最高2,000万円
自動付帯 1,000万円 500万円 300万円
カード利用
条件付帯
4,000万円 2,500万円 1,700万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円 100万円 100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円 100万円 100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
5,000万円 4,000万円 2,500万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円 25万円 20万円
救援者費用
(1年間の限度額)
500万円 150万円 150万円

三井住友カード(一般)会員の方

すべての担保項目について、事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提となります。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

※下記1~3のいずれかを満たした場合、補償適用となる保険金額です。

  • 1.日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具(※1)の利用代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 2.日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行(※2)の旅行代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 3.日本出国後に公共交通乗用具(※1)の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 1日本国内においては、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどを、海外においては、これに準じる乗用具をいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)
  • 2旅行会社が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地および日程、旅行者が提供を受けることができる運送または宿泊のサービスの内容ならびに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行(旅行業法第12条の3の規定に基づく標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するもの)をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。
  • 3当該カードにてクレジット決済いただく金額に定めはございません。全部または一部でもカード利用条件を満たします。

補償対象期間について

自動付帯分については、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象となります。カード利用条件付帯分については、旅行開始前にカード利用条件を満たした場合、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。出国後に初めてカード利用条件を満たした場合、カード利用条件を満たした時点から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。

対象

プラチナプリファード、ゴールド、プライムゴールド、ヤングゴールド、エグゼクティブカード本会員のご家族のうち、以下に該当する方が対象となります。

対象となる家族の範囲

  • 1.本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  • 2.本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子
  • 親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。ただし、以下の条件を満たす方となります。
    • 海外旅行の目的をもって住居を出発した時点において、上記1~2に該当する親族であること。
      (例:旅行出発後出産されたお子さまなどは対象となりません。)
    • 事故発生時、発病時または費用発生時において、上記1~2に該当する親族であること。
      ただし、「19歳」の判断基準は、家族特約対象者が海外旅行の目的をもって住居を出発した日時点の年齢により判断します。
  • 家族特約は本会員と生計を共にしていることが前提となりますので、同居の親族であっても、お勤めをされている家族の方などの場合は家族特約の対象とならない場合がございます。

補償内容・保険金額

当該カードでのクレジット決済有無に関わらず、すべての担保項目が自動的に補償されます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード種類 プラチナプリファード・
ゴールド・
プライムゴールド
ヤングゴールド・
エグゼクティブ
担保項目 保険金額 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高500万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
200万円 50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
200万円 50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円 2,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円 15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
200万円 100万円

補償の対象となる主なケースの詳細は「保険金をお支払いする主なケースとお支払いする保険金」をご確認ください。

申請の手順

保険金申請までの手順 イメージ 保険金申請までの手順 イメージ
  • 1費用は保険金の範囲内であれば保険金としてお支払いいたします。
  • 2会員資格の確認が必要となるため、通院の場合などは一時的に費用のお立替えをお願いする場合がございます。
  • 帰国後、下記VJ保険デスク(三井住友海上)までご連絡ください。
  • 保険金請求の場合、事故日より30日以内にご連絡ください。

必要な書類

  • ◎印は原則として必要な書類。○印は場合によっては必要となる書類です。
    その他、事故内容により別途書類の提出をお願いする場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 各書類はコピーではなく本紙が必要となります。書類が取り付けられない場合やご記入いただいた内容が事実と相違している場合は、保険金のお支払いができない場合がございますのでご注意ください。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

保険金請求書類 保険金種類

傷害死亡

後遺障害

傷害・疾病治療

救援者費用保

携行品損害

※1

賠償責任

航空便遅延

※2

現地で手配いただく書類

医師の診断書 ※3 ※4
治療費の明細書・領収書 ※4
死亡診断書
事故証明書
盗難届出証明書
支出を証明する書類
示談書
示談金領収書
損害額を立証する書類
遅延を証明する書類

国内で手配いただく書類

購入時の領収書・保証書
修理見積書・修理費用領収書
損害品の写真(盗難以外の場合)
除籍謄本
委任状・戸籍謄本
後遺障害診断書
保険金請求書
パスポ-ト(コピ-)
カードの利用を証明する書類 ※5 ※5 ※6 ※6 ※6 ※6
  • 1.盗難事故の際、警察で盗難届出証明書を発行しない場合は、盗難届出受理番号が必要となります。
  • 2.三井住友カード プラチナ(プラチナプリファード除く)、コーポレートゴールドカード(一部除く)会員のみ対象となります。
  • 3.診断書料は保険金お支払いの対象となりません。治療費が10万円以下の場合は原則として診断書の取り付けを省略できます。
  • 4.対人賠償の保険金請求に必要となります。
  • 5.カード利用条件分の保険金請求に必要となります。自動付帯分の保険金請求は不要です。
  • 6.三井住友カード(一般)会員の方のみ必要となります。

インターネットから資料請求

カード付帯保険サービスの手引きを請求できます。
次の画面で以下の資料番号をご入力ください。

  • プラチナプリファード会員の方
    資料番号3237
  • ゴールド、プライムゴールド会員の方
    資料番号3235
  • ヤングゴールド、エグゼクティブ、三井住友カード A、アミティエ、三井住友カード(一般)会員の方
    資料番号3230

ご注意

  • 複数のカード(他社カードを含む)付帯の傷害保険にご加入の場合、傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されず、最も高い保険金額が限度となり、各カード(他社カードを含む)に付帯する保険金額に応じて按分して保険金をお支払いいたします。
    ただし、法人カード(法人などがカード利用代金支払債務を負うもの)とそれ以外のカードをお持ちの場合は、法人カードとそれ以外のカードの合算金額となります。
  • 傷害死亡・後遺障害以外の保険金は、複数の同種保険にご加入の場合、カード付帯に限らず、各保険の保険金額に応じて、保険金が支払われるべき損害額を按分して保険金をお支払いします。
  • VisaカードとMastercard両方をお持ちの場合でも、保険金額は上記金額となります。
  • クレジットカード用旅行傷害保険の普通保険約款・特約集をご希望の方はVJ保険デスクまでご連絡ください。
  • カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • カード付帯保険は自動車運転に関する賠償事故などの賠償保険は付帯しておりません。
    海外でレンタカーなどを利用する場合、現地で自動車保険へのご加入をご検討ください。

関連ページ

補償の対象とならない主なケースについてはこちら

保険金請求についてはこちら

ANAカードの付帯保険についてはこちら

補償内容は組み合わせ自由「ポケット保険(ポケホ)」をご希望の方はこちら

任意保険(海外旅行保険)のお申し込みをご希望の方はこちら

クレジットカードには自動的に付帯されるさまざまな保険があり、これを「付帯保険サービス」といいます。国内・海外での旅行傷害保険やお買物保険、医療保険など、付帯保険の種類や補償内容について詳しく解説します。

いろいろあります! クレジットカードの付帯保険の種類