保険金申請手順、保険金申請に必要な書類

海外旅行の場合 表示する

保険金申請までの手順

保険金申請までの手順 イメージ

  • 帰国後、下記VJ保険デスク(三井住友海上)までご連絡ください。
  • 保険金請求の場合、事故日より30日以内にご連絡ください。

保険金請求に必要な書類

  • 印は原則として必要な書類。印は場合によっては必要となる書類です。
    その他、事故内容により別途書類の提出をお願いする場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 各書類はコピーではなく本紙が必要となります。書類が取り付けられない場合やご記入いただいた内容が事実と相違している場合は、保険金のお支払いができない場合がございますのでご注意ください。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

保険金請求書類 保険金種類

傷害死亡

後遺障害

傷害疾病治療

救援者費用保

携行品損害

※1

賠償責任

航空便遅延

※2

現地で手配いただく書類

医師の診断書 ※3 ※4
治療費の明細書・領収書 ※4
死亡診断書
事故証明書
支出を証明する書類
示談書
示談金領収書
損害額を立証する書類
遅延を証明する書類

国内で手配いただく書類

損害品明細書
損害額を証明する書類
除籍謄本
委任状・戸籍謄本
後遺障害診断書
保険金請求書
パスポ-ト(コピ-)
カードの利用を証明する書類 ※5 ※5 ※6 ※6 ※6 ※6
  • 1.盗難事故の際、警察で盗難届出証明書を発行しない場合は、盗難届出受理番号が必要となります。
  • 2.三井住友プラチナカード、コーポレートゴールドカード(一部除く)会員のみ対象となります。
  • 3.診断書料は保険金お支払いの対象となりません。治療費が10万円以下の場合は原則として診断書の取り付けを省略できます。
  • 4.対人賠償の保険金請求に必要となります。
  • 5.カード利用条件分の保険金請求に必要となります。自動付帯分の保険金請求は不要です。
  • 6.クラシック会員の方のみ必要となります。

ページ上部へ

国内旅行の場合 表示する

保険金申請までの手順

保険金申請までの手順 イメージ

  • (注1) クラシックカード、ビジネスクラシックカード、コーポレートクラシックカードは対象となりません。
  • (注2) 三井住友プラチナカード、コーポレートゴールドカード(一部を除く)のみ。
  • 帰国後、下記VJ保険デスク(三井住友海上)までご連絡ください。
  • 保険金請求の場合、事故日より30日以内にご連絡ください。

保険金請求に必要な書類

  • 印は原則として必要な書類。印は場合によっては必要となる書類です。
    その他、事故内容により別途書類の提出をお願いする場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 各書類はコピーではなく本紙が必要となります。書類が取り付けられない場合やご記入いただいた内容が事実と相違している場合は、保険金のお支払いができない場合がございますのでご注意ください。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

保険金請求書類 保険金種類

傷害死亡

後遺障害

入院通院

※1

航空便遅延

※2

保険金請求書
治療状況申告書
同意書
診断書 ※3
後遺障害診断書
事故証明書
支出を証明する書類
遅延を証明する書類
死亡診断書または死体検案書
除籍謄本・相続権者の戸籍謄本
委任状
念書
印鑑証明書
カードの利用を証明する書類 ※4 ※4 ※5
  • 1.三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード、法人ゴールドカード(一部除く)会員の方のみとなります。
  • 2.三井住友プラチナカード、コーポレートゴールドカード(一部除く)会員のみ対象となります。
  • 3.保険金のご請求が10万円以下のときは、「診療状況申告書」に記入していただくことで、診断書の取付を省略できます。
  • 4.カード利用条件分の保険金請求に必要となります。自動付帯分の保険金請求は不要です。
  • 5.法人ゴールドカード(一部除く)会員の方のみ必要となります。

ページ上部へ

お買物安心保険(動産総合保険)の場合 表示する

保険金申請までの手順

補償の対象となる損害が発生した場合、事故日より30日以内にVJ保険デスク(三井住友海上)までご連絡ください。

保険金請求に必要な書類

配送後の商品の損害については、原則として受領証(商品の到着日を確認)が必要となります。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

保険金請求書類 保険金種類

破損事故

盗難事故

火災事故

その他事故

保険金請求書
羅災証明および盗難届出証明書
修理費見積書または領収書
売上票(お客さま控え)
損害を受けた対象物(現物)
損害明細書
損害状況写真
その他の関係書類
  • 盗難事故の際、警察で盗難届出証明書を発行しない場合は、盗難届出受理番号が必要となります。
  • 配送後の商品の損害については、原則として受領証(商品の到着日を確認)が必要となります。
  • 上記書類が取り付けられない場合やご記入いただいた内容が事実と相違している場合には、保険金のお支払いができない場合がございます。

ページ上部へ

お問い合わせ

  • サービス内容に関するお問い合わせ・アクシデント発生時のご連絡先

  • 国内から:
  • 国内から
  • 海外から:
  • 海外から
  • 受付時間