クレジットカードの付帯保険とは?仕組みや補償内容を解説

  • クレジットカードの付帯保険とは?仕組みや補償内容を解説

    2023.05.09

クレジットカードの付帯保険とは?仕組みや補償内容を解説

旅行先の急なトラブルに見舞われてしまったらあなたならどうしますか?
そういうときに限って「保険に入っていなかった」ということもあり、想定外に手痛い出費が発生してしまうケースが少なくありません。そんなときに、クレジットカードの付帯保険が役に立つことがあります。
ここでは、意外と知られていないクレジットカードの付帯保険について、そのしくみや使い方をまとめました。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

無料でつくのはなぜ?付帯保険のしくみ

カードを持ちOKサインを出す女性

旅行に行く際、万が一のトラブルに備えて旅行保険に加入する方は多いでしょう。ただ、保険料がかかってしまうため、少しでも節約したいと考える方もいると思います。
クレジットカードの中にはさまざまな保険が付帯するものがあり、それを活用すれば必要な分だけ任意保険に加入すればよくなり、保険料の節約につながる可能性もあります。
まずはクレジットカードの付帯保険のしくみについて簡単に見ていきましょう。

クレジットカードの付帯保険の多くは、保険会社とクレジットカード会社の契約で提供されており、カード会員に安心して旅行を楽しんでいただけるサービスの提供を行っています。
付帯保険はクレジットカード会社が会員に提供するサービスのひとつであるということです。

三井住友カードの旅行傷害保険

クレジットカード会社や提携先の保険会社によって、付帯保険の付帯条件や補償内容に違いがあります。
また、年会費無料のクレジットカードなどに比べ、ゴールドカードのようなステータスの高いクレジットカードの方が、保険金額が高くなる傾向があります。

三井住友カードの「海外旅行傷害保険」の内容を例に挙げると、

年会費が永年無料の三井住友カード(NL)は最高2,000万円、年会費が3万3,000円(税込)の三井住友カード プラチナプリファードは最高5,000万円と、保険金額が異なることがお分かりいただけるでしょう。

名称 年会費 海外旅行
傷害保険
三井住友カード
(NL)
永年無料 最高2,000
万円
三井住友カード
プラチナプリファード
3万3,000円
(税込)
最高5,000
万円

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や補償金額、適用条件などが異なります。

旅行先でも安心のサポート

旅行先で発生するケガや病気の治療費用や携行品損害および賠償責任など、アクシデントの際の補償が気になる方は、クレジットカードを選ぶ際に付帯保険の補償内容などを確認しておくことをおすすめします。

三井住友カードの場合、海外で万が一ケガをしたり、病気になったりした場合には三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス(医療施設への緊急移送などを請け負うサービス ※24時間365日、日本語対応)」を利用することが可能です。

選べる無料保険

三井住友カードではライフスタイルに合わせて必要な補償プランへ変更できる「選べる無料保険」のサービスをご利用いただけます。

従来は旅行傷害保険があらかじめ付帯されていましたが、お客さまのライフスタイルに合わせて「ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)」、「弁護士安心プラン(弁護士保険)」、「スマホ安心プラン(動産総合保険)」、「日常生活安心プラン(個人賠償責任保険)」、「ケガ安心プラン(入院保険(交通事故限定))」、「持ち物安心プラン(携行品損害保険)」といった別の補償プランに変更することができます。

毎月20日までに選択したプランについて、翌月1日午前0時から補償が開始されるしくみです。別プランに変更後は旅行傷害保険が適用されなくなりますが、お買物安心保険が付帯しているカードならお買物安心保険は変わらず適用されるため安心です。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

三井住友カードの付帯保険の補償

ここからは、三井住友カードに付帯されている保険の補償について詳しく説明します。

海外・国内旅行傷害保険

旅行傷害保険が適用される三井住友カードのラインナップとして、以下が挙げられます。

傷害死亡・後遺障害保険金額の例

名称 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
三井住友カード(NL) 最高2,000万円 なし
三井住友カード ゴールド(NL) 最高2,000万円
三井住友カード プラチナプリファード 最高5,000万円
三井住友カード プラチナ 最高1億円

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

これらのカードには、保険金額の差はありますが海外・国内旅行傷害保険が付帯されています(国内旅行傷害保険が付帯されていないカードもあります)。

では、三井住友カードの海外・国内旅行傷害保険について、旅行先でのアクシデントが発生した場合、具体的にどういったケースであれば、補償を受けられるのでしょうか。

海外・国内旅行損害保険とは

傷害死亡・後遺障害

傷害死亡・後遺障害の適用ケースは、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険で異なります。
例えば、海外旅行傷害保険では、被保険者が旅行期間中に偶然の事故で身体にケガを負い、そのケガが原因で死亡された場合もしくは後遺障害が発生した場合に保険金が支払われます。

疾病治療費用

疾病治療費用は、三井住友カードでは海外旅行傷害保険に適用される項目で、諸費用を補償するものです。

賠償責任

賠償責任も、三井住友カードでは海外旅行傷害保険に適用される項目で、主に旅行期間中の偶然の事故によって、他人の身体や財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合(賠償金が必要になった場合)に保険金が支払われます。

携行品損害

旅行期間中に、携行する身の回りのものが盗難や破損および火災などの偶然な事故により損害を受けた場合に適用される保険です。携行品は、被保険者が所有かつ携行する身の回りの品を指しますが、現金や小切手・株券・手形など、適用範囲に含まれないものもあります。携行品損害も海外旅行傷害保険に含まれる項目となります。

適用ケースや補償額は、クレジットカード種別や条件によって異なります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

海外・国内航空便遅延保険

国内旅行もしくは海外旅行の航空便が遅延、または欠航した場合に補償される付帯保険です。

三井住友カードの場合、国内航空便遅延保険については、次のいずれかに該当した場合に、航空便に関わる遅延に応じて保険金が支払われます。

  • 被保険者が航空便に搭乗する以前に、カード会員がその料金を特定クレジットカードにより払い込んだ場合
  • カード会員がカード会社を通じて航空便の予約を行い、かつ、その料金を特定クレジットカードにより払い込んだ場合
  • 被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行に参加し、かつ、カード会員がその料金を特定のクレジットカードにより払い込んだ場合

ただし、海外旅行の旅行期間中に利用する日本国内の航空便に関わる遅延については、海外航空便遅延保険の支払いが優先し、重複して保険金が支払われることはありません。

海外・国内航空便遅延保険とは

乗継遅延費用

三井住友カードが付帯している海外旅行傷害保険においては、

  • 旅行期間中に航空便の遅延の影響で出発便に搭乗することができなかった
  • 搭乗することができず、代替となる航空便へ4時間以内に搭乗できなかった

上記の両方を満たした場合、乗継地点において代替便が利用可能となるまでの間に負担した食事代およびホテルなどの客室料などが補償されます。

国内旅行傷害保険についても補償内容は同様ですが、前述しているとおり、前提として航空便のチケットやツアー代金を三井住友カードで決済していることが条件となります。

手荷物遅延費用

目的地に飛行機が到着してから、6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合に利用できます。

受託手荷物というのは、被保険者が携行する身の回り品のうち下着や寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛など生活必需品のことで、受託手荷物の中にこれらが含まれていた場合に適用されます。 目的地において被保険者が実際に負担した生活必需品購入費用および賃貸費用が支払われます。

手荷物紛失費用

国内・海外旅行期間中に、搭乗する航空便が到着してから、受託手荷物が48時間以内に目的地に運搬されなかったといったトラブルが発生した場合に利用ができます。
目的地に到着後、96時間以内に受託手荷物が届かないことが原因の、衣類および生活費需品の購入費用または賃貸費用が補償されます。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用

海外・国内旅行期間中に下記のようなアクシデントが生じ、出航予定の時間から4時間以内に代替便に搭乗することが不可能な場合に利用できます。
この場合、代替の航空機が利用可能となる間の食事代の費用を負担されます。ただし、ホテル代・宿泊費用は対象となりませんので注意するようにしましょう。

  • 4時間以上の出航遅延
  • 欠航や運休
  • 搭乗予約受付業務のかしによって、航空便に搭乗することができなくなった場合

三井住友カードの中で、航空便遅延保険が付帯しているカードはコーポレートカードのほか、「三井住友カード プラチナ」「三井住友ビジネスプラチナカード」「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」といった3種類のプロパーカードがあります。

お買物安心保険(ショッピング保険)

クレジットカードには、ショッピング保険が付帯されているものが多くあります。
ショッピング保険というのは、ショッピング保険が付帯されている当該クレジットカードで決済し購入した商品を補償してくれるサービスです。

三井住友カード(NL)、三井住友カード(CL)、Oliveフレキシブルペイ(一般)、プロミスVisaカード、三井住友カード ビジネスオーナーズには、お買物安心保険は付帯しておりません。

お買物安心保険(ショッピング保険)とは

ステータスの高いクレジットカードになるほど補償限度額が上がりますが、自動車や生き物、携帯電話および現金といったものは、保険の対象とならないクレジットカード会社がほとんどなので注意しましょう。

ではどういった場合にショッピング保険が適用されるか簡単に紹介します。

破損事故

当該クレジットカードで決済し購入した商品が破損した場合に補償適用されます。

例えば偶然の事故で購入した商品を破損させてしまった場合には、修理代と購入金額のどちらか低い金額から自己負担額を控除した金額が補償されます。

ただし、商品の配達中に商品が破損してしまった場合には、ショッピング保険の対象とならないことが多いので注意しましょう。

盗難事故

当該クレジットカードで決済し購入した商品が盗難された場合に補償が適用されます。
海外旅行に行った際の被害といった場合にも適用される保険ですが、海外・国内旅行傷害保険で適用される携行品損害の補償内容が非常に似ています。
ショッピング保険は、クレジットカードで決済し購入した商品に対する保険です。
それに対し携行品損害の場合、所有している身の回りの品の盗難などに適用される保険なので注意しましょう。

適用とならないケース

ショッピング保険の適用とならないケースも存在します。また、補償の対象とならない主な商品は除かれます。

例えば、下記は補償の対象にならない場合があるので注意しましょう。

  • 商品の配達中のトラブルによる破損
  • 自ら商品を紛失および置き忘れる
  • 水害や地震による商品の破損
  • 詐欺の被害に遭う
  • 電気や機械事故による損害
  • 自然消耗

会員保障制度

クレジットカードを紛失してしまったり、盗難被害に遭ったりした場合に安心なのが、「会員保障制度」です。
三井住友カードでは、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前から損害を補償します。

会員保障制度については、詳しくはお使いのカードの会員規約をご覧ください。

特に海外でのクレジットカードの紛失・盗難トラブルは非常に不安になってしまいますよね。紛失・盗難の際に利用できるサービスとして、海外での緊急(カード)サービスがあります。海外でクレジットカードを紛失・盗難被害に遭った際に、紛失・盗難受付デスクに連絡をすることで、カード利用の停止による不正利用の防止や、自分が滞在している場所へ緊急カードと呼ばれる暫定的なカードを届けてくれるサービスです。
滞在先の通貨を用意してくれる緊急サービスもあるので、海外旅行へ行く際には非常に心強いでしょう。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

クレジットカードの種別によって、上記保険が適用されないケースもあります。

その他

カード会社によっては、これまでご紹介した保険サービス以外の付帯保険が用意されていることもあります。

三井住友カードに付帯している保険を例に、その他の補償の内容を確認してみましょう。

自転車保険(個人賠償責任保険)

三井住友カードでは、学生限定で付帯される保険で、自転車保険は自転車の事故の際に適用される保険です。自転車事故により賠償責任を負い、賠償金の支払い義務が発生した際に、補償限度額まで支払われます。

別途専用のハガキでのお申し込みが必要です。ご希望の場合はカード会社までお問い合わせください。

最近では自転車の加害事故による高額損害賠償事案などが注目されていたため、自転車を利用される場合は保険への加入が条例によって義務化されている地域も増えてきています。自転車保険が付帯されているクレジットカードを持っていた方がいざというとき助けてくれるでしょう。

「自動付帯」と「利用付帯」の違い

自動付帯保険とは、「クレジットカードを持っているだけで自動的に付帯される保険」のことです。
一方、利用付帯保険は、「旅行に行く際の飛行機のチケット代金やツアー代金を、当該クレジットカードで支払った場合などの条件下で適用される保険」です。
自分が持っているクレジットカードの自動付帯と利用付帯の違いを知っておかなければ、いざというときに保険の補償が受けられなくなってしまう場合があります。

保険金額や補償内容はもちろん、カード選びの際に、お手持ちのカードが自動付帯か利用付帯かを知っておくことは非常に重要です。旅行に行く際は必ず確認しておくようにしましょう。

カード付帯保険の使い方(活用方法)

カード付帯保険を活用する際には、国内旅行であるか海外旅行であるか、どのような補償を受けるかで必要なものは変わります。一般的に、カード会社の引受保険会社窓口に電話をかけることで、必要な書類などを確認できますので、それらを提出することによってクレジットカードの付帯保険を利用することができます。

旅行へ行くときは、万一の場合に対処できるよう、クレジットカード会社の引受保険会社窓口につながる電話番号をメモしておくことをおすすめします。また、電話をする際は、クレジットカードのカード番号が必要になるため、お手元に該当のクレジットカードやアプリをご用意ください。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

家族特約の補償内容は本会員と異なります。

付帯保険でクレジットカードを選ぶには

クレジットカードの付帯保険についてご紹介してきましたが、各カード会社がさまざまなプランやサービスを展開しており、いざカードを選ぶとなると非常に難しいものです。

そこで着目すべきポイントは、付帯サービスの中でもカード選びの決め手として注目されている海外旅行保険です。

ここでは、海外旅行保険の条件および、海外旅行の際に使用する場合の利用付帯の条件をご紹介します。

海外旅行保険の条件

クレジットカードに付帯している保険には自動付帯と利用付帯があることは前述しました。
カード付帯の海外旅行保険があれば、条件を満たしていれば加入手続きなしで補償を受けられるため、非常に便利です。
海外では日本よりも医療費が高いことが多く、もしものときには高額な医療費を請求されてしまう場合があります。
そんなときのために、海外旅行保険が付いているクレジットカードを発行したときには、海外旅行保険の条件を必ず確認しておきましょう。

三井住友カードでは、カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本の住居をご出発の旅行から対象になります。また、海外旅行傷害保険の補償対象期間は1旅行につき最長3ヵ月で、ご旅行の都度適用になります。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

家族特約の補償内容は本会員と異なります。

利用付帯の適用条件

利用付帯保険には「旅行代金などの支払い」と保険の適用条件が記されています。
一般的には、日本から出国する前に、「公共交通乗用具」および「募集型企画旅行」の料金を支払った場合に適用されます。
公共交通乗用具とは、飛行機・バス・電車などのことで、自家用車で利用されたガソリン代や高速料金は適用外となります。
募集型企画旅行とは、一般的に「パッケージツアー」と呼ばれており、それに対し受注型企画旅行や手配旅行代金は、クレジットカードで決済していても適用外となる場合があるので確認しておきましょう。

家族特約の内容

クレジットカードの付帯保険に、家族特約が付いているものがあります。
家族特約とは、保険加入しているクレジット契約者を含む家族も、病気やケガの治療費といった補償を受けられるものです。
家族特約のないクレジットカードでも、家族カードを作成し家族会員になることで、付帯保険が適用されるようになるカードもあります。
クレジットカード会社によっては、家族の条件範囲が異なってくる場合もあるので注意しましょう。

家族特約の補償内容は本会員と異なります。

カード付帯海外旅行傷害保険と任意で加入する海外旅行保険の違いは?

カード付帯海外旅行傷害保険と任意で加入する海外旅行保険の違いはいくつかありますが

  • 補償金額
  • 免責金額
  • 補償項目
  • 補償の選択
  • 補償の対象

が主な違いとなります。

カード付帯旅行傷害保険の場合、保険金額や免責金額、また補償される項目および補償の対象などに関しては、本会員が対象となることが多く、クレジットカードのランクが高いほど保険金額が上がっていく傾向にあります。
それに対し任意で加入する海外旅行保険は、保険金額や補償項目・被保険者などを自分自身でカスタマイズ可能です。
海外旅行におけるサービスにも違いがあり、医療サービスや旅行のサポートサービスといったものは、クレジットカードの種類によって、付帯していない場合があります。

複数カードを持っている場合、保険は併用される?

複数クレジットカードを持っている場合、保険が併用されるのか気になるところです。

クレジットカード会社や補償の種類によっても異なりますが、傷害死亡・後遺障害の場合、各カードに付帯する保険金額が合算されるのではなく、最も高い保険金額を限度として、各保険から按分して保険金が支払われることが一般的です。

三井住友カードの場合、法人カードと個人カードをお持ちの場合は合算されますが、法人カードの中でも、個人決済型は、個人カードとは合算されませんのでご注意ください。

また、クレジットカードに付帯する保険にも自動付帯と利用付帯の2種類があることを説明しましたが、利用付帯は、飛行機のチケットやパッケージツアー代金をカード決済した場合などの条件下で適用される保険のため、サブのクレジットカードは、クレジットカードを持っているだけで付帯される自動付帯のカードを選ぶとよいでしょう。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

クレジットカードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。 また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。

三井住友カードおすすめのクレジットカード

三井住友カードは海外旅行傷害保険だけでなく、さまざまな付帯保険が充実しています。ここでは三井住友カードの中から、付帯保険の充実度でおすすめできるクレジットカードをご紹介します。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)

年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでのお買い物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

年会費永年無料のナンバーレスカード!


三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL)

三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 1・2・3

ポイント

最大7%還元

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短104

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※3 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※4 即時発行ができない場合があります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズにお買い物ができます。

また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

20歳から持てるおトクなゴールドカード

20歳から持てるおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。従来の三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)に加え、三井住友カード プラチナプリファードでもナンバーレスカードをご選択いただけます。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレスのカードです。
ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する方におすすめです。

ポイント特化型のプラチナカード

ポイント特化型のプラチナカード


三井住友カード

プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード

プラチナプリファード

年会費

33,000円(税込)

ポイント還元率

1%~15%

限度額

~500万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

三井住友カードつみたて投資でVポイントが貯まるイメージ

三井住友カードつみたて

投資でVポイントが貯まる

積立額の5.0%

ポイントイメージ

毎年、継続利用で 1

最大40,000

ポイント

特約店の利用イメージ

特約店の利用で

獲得ポイント 2

最大+14%

※1 毎年、前年100万円ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

ライフスタイルに合ったクレジットカードの保険を選ぶのがおすすめ

この記事では、クレジットカードの付帯保険の補償内容や使い方などをご紹介しました。
自分に合ったカードの付帯保険を選び、活用することで、万一に備えられ、必要な分だけ任意保険に加入すれば、保険料の節約につながる可能性もあります。
この機会に、さまざまな付帯保険が充実している三井住友カードを検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1.クレジットカードの付帯保険にはどんなものがある?

クレジットカードに付帯する保険は、カード会社やクレジットカードのランク、提携する保険会社によって補償内容が異なります。三井住友カードの「海外旅行傷害保険」を例に挙げると、年会費が永年無料の三井住友カード(NL)は最高2,000万円、年会費が3万3,000円(税込)の三井住友カード プラチナプリファードは最高5,000万円の補償が付帯しています。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.カード付帯保険の使い方は?

クレジットカードの付帯保険を使う際は、カード会社の引受保険会社窓口に電話をかけることで必要な書類を確認でき、必要書類を提出することで付帯保険を利用することが可能です。カード会社によって保険手続きの受付時間が異なる場合があるため注意しましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.付帯保険でクレジットカードを選ぶポイントは?

付帯保険に注目してクレジットカードを選ぶ際は、「海外旅行保険の条件」、「利用付帯の適用条件」、「家族特約の内容」などについて比較することをおすすめします。特に海外旅行保険は利用付帯と自動付帯に分かれており、日本よりも医療費が高い海外で医療費を請求されたときのために、海外旅行保険の条件は十分に確認しておきたいところです。

詳しくは以下をご覧ください。

2023年5月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

お買い物や旅行でのご利用には三井住友カードがおすすめ!

お買い物や旅行でのご利用には

お買い物や旅行でのご利用には

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。