クレジットカードで税金と公共料金を支払うメリットと注意点

お得なポイント還元率・特典

クレジットカードで税金と公共料金を支払うメリットと注意点

クレジットカードで税金と公共料金を支払うメリットと注意点

あまり知られていませんが、税金や電気代、ガス代、水道代、通信費などの公共料金の支払いに、クレジットカードが利用できるケースがあります。振り込みや口座引き落とし以外にも支払い方法に選択肢があることは歓迎すべき点ですが、クレジットカード払いをする際の注意点もいくつかあります。

今回は、税金や公共料金の支払いに、クレジットカードを利用するメリットと注意点を詳しく解説していきます。

クレジットカードで支払うことができる税金は?

全国の自治体で、税金のクレジットカード払いが可能なところが増えてきました。どのような税金が支払可能となっているのでしょうか?

クレジットカードで支払うことができる主な税金は下記のとおりです。

  • 住民税
  • 土地や家屋などの固定資産税
  • 都市計画税
  • 自動車税

また、東京都内では個人事業税や不動産取得税などもクレジットカード払いができます。ただし、サラリーマンや公務員、派遣社員などのように給与所得がある方で、所得税や住民税のように源泉徴収や特別徴収されている税金はクレジットカード払いをすることはできません。

税金をクレジットカードで支払うメリット、注意点

税金をクレジットカードで支払うメリットは、なんといってもクレジットカードのポイントを貯めることができる点です。

税金にはさまざまな種類がありますから、私たちが一年間で支払う税金の額は相当な額になります。口座引き落としによって支払いをしても、何の特典もございませんが、クレジットカード払いであればポイントを貯めることができるのです。また、時間を気にせずいつでも気軽に支払いができるというのも魅力のひとつでしょう。

ただし、税金をクレジットカード払いする場合は手数料が発生するということもお忘れなく。納税額によっては手数料が還元されるポイントを上回ることもあるため、注意が必要です。

クレジットカードで支払える公共料金は?

税金と同様に公共料金もクレジットカードで支払いをすることができます。電気代、ガス代、水道代、固定電話使用料、携帯電話使用料、プロバイダー使用料、新聞代、電車代、バス代などが公共料金にあたります。

かつては口座引き落としや振込みが一般的でしたが、今ではほとんどの公共料金がクレジットカードでの支払いに対応しています。

公共料金をクレジットカードで支払うメリット、注意点

私たちの生活に必要な電気代、ガス代、水道代を始めとする公共料金は、毎月必ずかかる費用で、その金額も比較的大きなものがほとんどです。

これらの費用をクレジットカード払いする最大のメリットはやはり支払額に応じてポイントを貯められるということ。口座引き落としや現金払いでは支払いをして終わりですが、クレジットカード払いなら年間でかなりのポイントを獲得することができます。

例えば、月々2万1,000円の公共料金をクレジットカードで支払うと、約4年間で1,000ワールドプレゼントポイントが貯まり、5,000円相当のグルメ商品と交換することができます。

また、公共料金をすべてカード払いにすることで、すべての明細を一元管理することができるため、支払管理がし易いというメリットもあります。ただし、電力・ガス・水道会社によっては「口座振替割引サービス」などを行っているところもあり、クレジットカード払いをするよりもお得なケースもあるので注意が必要です。利用しているクレジットカードのポイント還元率と口座振替割引サービスの割引率とを比べてみるとよいでしょう。

この機会にぜひ、公共料金や税金の支払いにクレジットカード払いをご検討ください。

今回の記事のまとめ

税金をクレジットカードで支払うメリット

  • クレジットカードのポイントを貯めることができる

税金をクレジットカードで支払う注意点

  • クレジットカード払いすることで手数料が発生する

公共料金をクレジットカードで支払うメリット

  • クレジットカードのポイントを貯めることができる
  • すべての明細を一元管理することができる

公共料金をクレジットカードで支払う注意点

  • 電力・ガス・水道会社によってはクレジットカードのポイント還元率より口座振替割引サービスの割引率のほうが高い

人気ランキング

注目!ピックアップ記事