税金の支払いはクレジットカードが便利!メリットと支払い方法を解説

お得なポイント還元率・特典

税金の支払いはクレジットカードが便利!メリットと支払い方法を解説

こんな人に
おすすめ!

  • ポイントや還元率を重視する方

税金の支払いはクレジットカードが便利!メリットと支払い方法を解説

2017年1月4日(水)から所得税や法人税といった国税の納付にも、クレジットカードの利用が可能になりました。
しかし、決済手数料を負担してもクレジットカード払いのほうがお得なのか、クレジットカード払いにすると節税につながるのかなど、さまざまな疑問から支払い方法の変更に踏み切れずにいる人も多いのではないでしょうか。そこで、税金のクレジットカード払いのメリットや支払い方法について解説します。

クレジットカード払いできる税金は?

これまで、自動車税や固定資産税、不動産取得税、個人事業税などの地方税はクレジットカード納付が導入されていましたが、2017年1月4日(水)からは納税者の利便性向上と税金の早期納付を目的として、国税もクレジットカードで納付することができるようになりました。

対象となるのは、納付書で納付することができる国税です。以下の税金のほか、加算税・延滞税といった附帯税も納付することができます。印紙を貼り付けて納付する税目などは、除外されていますので注意しましょう。

  • 申告所得税及復興特別所得税
  • 消費税及地方消費税
  • 法人税
  • 地方法人税
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税(告知分)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分)
  • 自動車重量税(告知分)
  • 印紙税 など

クレジットカード払いで節税になる?

納税者なら、誰もができるだけ節税したいと思うものですが、納付書で指定された金額から支払額を減らすのは不可能に近いでしょう。クレジットカード払いなら、納税した金額の一部がポイントで還元されることにより、実質的に支払う税額を抑えられるというメリットがあります。多額の税金を支払っている場合は、還元される額も大きいため節税効果があるといえるでしょう。

ただし、注意しなければならないのは、クレジットカードで納付する場合は納付税額に応じた決済手数料がかかるという点です。例えば、東京都の地方税や国税をクレジットカードで納付した場合、1万円につき73円(税別)の手数料がかかります。以降、1万円を超えるごとに76円(税別)がかかるため、納付額が多ければ還元されるポイントも増える一方、手数料も増えるということを知っておかなくてはなりません。

クレジットカード払いにはどんなメリットがあるの?

税金をクレジットカードで納付すると、ポイント還元のほか、以下のようなメリットがあります。

メリット1 現金が手元になくても支払える

クレジットカードで納付すれば手元に現金がなくても支払いを完了することができ、現金が引き落とされるまでの猶予ができます。

メリット2 家計管理が一元化される

普段、クレジットカードを利用している場合、納税もクレジットカードを利用することで家計管理を一元化することができます。利用明細で支払い内容をまとめて確認できる点も便利です。

メリット3 現金を持ち歩かずに済み、時間を節約できる

クレジットカード納付は、場所や時間を選ばずに納付することができるので、多額の現金を持ち歩くリスクもありません。現金を引き出す手間や、納付場所まで足を運ぶ手間を省けます。

税金をクレジットカード納付する場合の注意点

税金をクレジットカードで納付した場合、領収書は発行されません。領収証書の発行は、現金で納付したときのみとなるため、必要な場合は税務署で納税証明書を発行してもらいましょう。また、一度納付手続きを完了すると、手続きの取消しはできません。過払いがある場合には税務署からの還付手続きを行うことになりますが、決済手数料は返金されません。そのため、納付前にはしっかりと確認するようにしましょう。

もうひとつの注意点は、納税に限らずインターネット上でクレジットカードを登録することは、情報漏洩のリスクにもつながります。セキュリティには万全の注意を払っていても、万が一の事態を想定することも大切です。

支払い方法をクレジットカード払いに変更するには?

今後、クレジットカードで納付したいという場合、事前の手続き等は特に必要ありません。納税通知書や納付書を手元に用意して、「国税クレジットカードお支払サイト」や「都税クレジットカードお支払サイト」「Yahoo!公金支払い」のほか、都道府県別お支払いサイトなど、各種支払いサイトで手続きをするだけで納付が完了します。

別ウィンドウでトヨタファイナンス株式会社のサイトへリンクします。

別ウィンドウでトヨタファイナンス株式会社のサイトへリンクします。

別ウィンドウでヤフー株式会社のサイトへリンクします。

クレジットカード納付のメリットは大きい

決済手数料がかかるという点を差し引いても、時間や手間の削減、ポイントの還元など、クレジットカード納付のメリットは大きいといえるでしょう。
クレジットカードのポイントやマイルの還元率と手数料の割合を考えて、自分に合った納付方法を選びましょう。

今回の記事のまとめ

税金のクレジットカード払いは普及傾向にある

  • 2017年1月4日(水)から国税の納付も可能になったのでより便利に
  • 納付書で納付できる税金や加算税・延滞税も対象
  • 事前の手続き不要で各支払いサイトから手続きが可能

税金をクレジットカード払いにする3つのメリット

  • 手元に現金がなくても支払うことができる
  • 納付額に応じてポイントが還元される
  • 納付をしに行く手間が省けて家計管理も一元化

税金をクレジットカード払いにする注意点

  • 納付額が増えるにつれて手数料が増える
  • 領収書の発行ができないので納税証明書を発行する手間がかかる

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

クレジットカードのお申し込みはこちらから

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

三井住友カードのスペシャルコンテンツ

  • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。

  • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!