法人カード活用ガイド
法人カードのメリット
法人カードのなかにはポイントが貯まるカードも!おすすめカードを紹介

法人カードのメリット

法人カードのなかにはポイントが貯まるカードも!おすすめカードを紹介

法人カードのなかにはポイントが貯まるカードも!おすすめカードを紹介

法人カードのなかには、ポイントが貯まるカードがあります。ここでは、法人カードのポイントに関する基礎知識を解説するとともに、効率的なポイントの貯め方や利用方法をご紹介します。

  • ※法人カードにはさまざまな種類があり、カード単位で利用に応じたポイントが付くものも多くあります。
    また、カード単位でポイントが付く場合でも、ポイントの利用については会社によって規定がある場合もありますので必ず確認しましょう。
三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

法人カードのポイント還元率はどのくらい?

法人カードを利用することで、どのくらいのポイントが還元されるのでしょうか。法人カードのポイント還元率の目安としては、0.5~1.0%になります。

ポイント還元率とは、カードの利用金額に対していくら分のポイントを獲得できるのか、その割合を意味します。例えば、ポイント還元率が1.0%の法人カードで1,000円分の商品を購入したら、10ポイントが付与されます。これが、還元率0.5%なら5ポイントとなります。還元率0.5%と1.0%では大きな差がないように思えるかもしれませんが、法人カードの年間利用額が増えると、還元されるポイントには大きな差が出てきます。例えば、法人カードで300万円利用した場合を考えてみましょう。

還元率0.5% 300万円×0.5%=15,000ポイント
還元率1.0% 300万円×1.0%=30,000ポイント

これだけの差が出てきます。ただし、法人カードの種類によっては、ポイントが還元されないものもあるので注意しましょう。

法人カードでポイントを効率的に貯めるための5つの方法

法人カードを利用してポイント還元する際、事前に知っておくとさらにお得になる方法がいくつかあります。ポイントを効率的に貯めるうえで、知っておきたい5つの方法をご紹介します。

1 支払いを1枚の法人カードにまとめる

会社の経費精算の支払いを、できるだけ1枚の法人カードにまとめましょう。そうすることで、利用金額が集約されるため、効率良くポイントを貯めることができます。備品や消耗品、交通費、接待時の飲食代、オフィスの公共料金など、法人カードで精算できるものは多岐にわたります。
社員用に複数枚の追加カードを作成していても、支払いを1つの法人口座にまとめることができますので、会社全体の経費を集約して、法人カードのポイントを効率的に貯められるようにするといいでしょう。

ただしカードによっては上限額がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。個人事業主・法人代表者向けの法人カードである三井住友ビジネスカード for Ownersは、クラシック、ゴールド、プラチナと利用枠が異なるカードがそろっていますので、ぜひご利用ください。

2 年間利用額をシミュレーションする

法人カードの中には、年間利用額によって、ポイント還元率がアップするものがあります。そのため、法人カードの年間利用額をシミュレーションし、およそいくら分のポイントが還元されるかを把握することをおすすめします。
より高いポイント還元を受けられるように、法人カードで支払う経費がないか洗い出してみるといいでしょう。

3 キャンペーンを利用する

法人カードの種類によっては、入会キャンペーンを実施しているところもあります。大量のポイントを獲得できるチャンスですから、法人カード選びの際は、こうしたキャンペーンの制度を確認してみることをおすすめします。

4 モールサイトを利用する

法人カードを発行するカード会社は、モールサイトを運営していることがあります。このモールサイトを利用して同じ買物をするだけで、ポイントがアップすることがあります。
三井住友カードの場合、「ポイントUPモール」を経由してネットショップで買物をするだけで、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングはポイント+0.5%、ショップによっては最大+9.5%のポイントが還元されます。

  • ※ポイント還元率は予告なく変更になる場合があります。
  • ※ポイントUPモールご利用分として還元される上乗せポイントは、カードの商品性にかかわらず、ご利用金額200円(税込)につき1ポイントとして計算されます。
  • ※一部の提携カード、法人カードはご利用いただけません。

5 ポイントの有効期限を忘れずに確認する

法人カードの中には、ポイントに有効期限が設定されているものがあります。せっかく貯めたポイントが失われることは、ポイントを貯めるうえで絶対に避けたいところです。
必ず有効期限を確認し、期限切れとなる前にポイントを使用するようにしましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersでポイント還元!

三井住友カードの法人カードのうち、ポイントを貯めることができる「三井住友ビジネスカード for Owners」をピックアップしてご紹介します。三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主・法人代表者向けの法人カードで、クラシック(一般)、ゴールド、プラチナの3種類があります。

毎月のご利用金額に応じてポイントも貯まるうえ、対象のコンビニエンスストアやマクドナルドでカードをご利用いただくと、今後いつでも通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき2%(※)ポイントが還元されます。

  • ※一部、ポイント加算対象とならない店舗および+2%還元にならない場合があります。

■三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック/一般) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(クラシック/一般)
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(ゴールド)
三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(プラチナ)
初年度年会費 インターネット入会で無料 インターネット入会で無料 55,000円(税込)
翌年度以降年会費 1,375円(税込) 11,000円(税込) 55,000円(税込)
Vポイント 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方 満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方 満30歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方

法人カードのポイントの利用方法

法人カードで貯めたポイントは、さまざまな用途に利用することができます。ここでは、経費削減につながりやすい、法人カードのポイント利用方法について確認していきましょう。

オフィス用品と交換する

法人カードで貯めたポイントは、オフィス用品と交換することで、経費削減につながります。

ギフトカードと交換する

法人カードで貯めたポイントは、ギフトカードと交換することもできます。ギフトカードは、従業員への報奨や会社のイベントでのプレゼントなどに活用してもいいでしょう。

マイルに移行する

貯めたポイントを、マイルに移行できる法人カードもあります。一部、航空会社系列の法人カードでは、利用するだけで直接マイルが貯まるカードもあります。

マイルに移行することで、航空券を購入することができるため、出張の経費削減に貢献できるでしょう。

キャッシュバックする

貯めたポイントをキャッシュバックできる法人カードもあります。キャッシュバックを行うにあたって、条件を満たす必要がある場合もあります。

法人カードのポイントは個人利用できる?

法人カードで貯めたポイントを、個人利用しても問題ないか疑問に思う人もいるかもしれません。
結論としては、法人カードで貯めたポイントは、個人向けのクレジットカードのように使い道を自由に決めることができますが、従業員が個人の判断で利用してしまうことは避けるべきでしょう。

法人カードの引き落とし口座は、あくまで法人名義です。ポイントを含め法人カードを個人利用すると、後になって会社や経理から指摘される可能性が高く、経理上の整合性がとれなくなる可能性があります。
なお、法人カードでも、個人事業主や法人の代表者が個人名義で契約している場合に、同じカード会社の個人用クレジットカードとポイントの合算ができるケースもあります。

例えば、三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友カードの個人カードとのポイント合算やマイルへの移行もできます。
ポイント合算に関する規則はカード会社によって異なりますので、一度確認することをおすすめします。

法人カードのポイントはいつ税務処理すべき?

法人カードのポイントを利用した際に、どのように税務処理すべきか迷ってしまう場合があるかもしれません。

税務処理を行うタイミングは、ポイントを使用したときになります。その際、法人カードのポイントは、「雑収入」として仕訳することが一般的です。
一方で、法人カードのポイントに関しては、法律上では税務処理を義務付けられていないという見方をする人もいます。ですから、税務処理を行うかどうかは、自社と契約している税理士に確認したほうが安心でしょう。

よくある質問

Q1:法人カードのポイント還元率とは?

ポイント還元率は、法人カードの利用金額に対して、いくら分のポイントを獲得できるか、割合を示したものです。還元率の相場は0.5~1.0%程度です。還元率の良い法人カードであればお得にポイントを獲得でき、経費削減に貢献できるでしょう。

Q2:法人カードで効率的にポイントを貯めるには?

効率的にポイントを獲得するコツとしては、会社の支払いをできるだけ1つの法人カードでまとめる、モールサイトを利用する、キャンペーンを利用する、ポイント利用の有効期限を確認しておくといったことが挙げられます。

Q3:法人カードのポイントの利用方法は?

法人カードで貯めたポイントは、オフィス用品などの商品やギフトカードと交換する以外にも、マイルに移行したり、キャッシュバックしたりといった使い方もあります。

法人カードでポイントを有効活用しよう

法人カードがポイント還元できるかどうか、どのようなポイント還元のルールになっているのか、事前にしっかりと把握しておきましょう。
そうすることで、会社の費用を法人カードで支払うだけで、ポイントを有効活用できるようになります。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2021年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

今回の記事のまとめ

法人カードのポイント還元率はどのくらい?

  • 法人カードのポイント還元率の相場は0.5~1.0%
  • ポイント還元率とは、法人カードの利用金額に対して、いくら分のポイントを獲得できるのかという割合のこと

法人カードで効率的にポイントを貯める方法

  • 支払いを1枚の法人カードにまとめる
  • 年間利用額をシミュレーションする
  • キャンペーンを利用する
  • モールサイトを利用する
  • ポイントの有効期限を忘れずに確認する

法人カードのポイントの利用方法

  • オフィス用品と交換する
  • ギフトカードと交換する
  • マイルに移行する
  • キャッシュバックする

法人カードのポイントは個人利用できる?

  • 法人カードの引き落とし口座はあくまで法人名義であるため、ポイントの個人利用は避けるべき
  • 法人カードの個人利用は、後になって会社や経理業務に指摘されてしまう可能性がある

法人カードのポイントはいつ税務処理すべき?

  • 税務処理を行うタイミングは、ポイントを使用したとき
  • 一般的に、法人カードのポイントは「雑収入」として仕訳する

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング