ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
Visaのタッチ決済とは?使い方やおすすめカードを紹介

クレカの基礎知識

Visaのタッチ決済とは?使い方やおすすめカードを紹介

Visaのタッチ決済とは?使い方やおすすめカードを紹介

「Visaのタッチ決済」とは、Visaが提供している非接触型の決済方法で、以前は「Visa payWave」と呼ばれていました。電子マネーのように端末に軽くタッチするだけで支払いができますが、国際規格の「NFC Pay」が使われていますから、アメリカやヨーロッパでも使うことができます。
ここでは、Visaのタッチ決済の使い方やメリットなどについてご紹介しましょう。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

Visaのタッチ決済とは?3つの支払い方式について

コンビニエンスストアやスーパーマーケットといった実店舗で、素早く支払いができるのがVisaのタッチ決済です。

まずは、Visaのタッチ決済の3つの支払い方法についてご紹介しましょう。Visaのタッチ決済が使えるカードには、プリペイド型、ポストペイ型、デビット型の3タイプがあります。

■3つの支払い方法

プリペイド型 事前にチャージが必要で、チャージ金額以上には使えない反面、無駄遣いを抑えられるメリットがある
ポストペイ型 クレジットカードと紐付けられており、支払った金額は後日まとめて引き落とされる。
後払い式なので、手持ちのお金がなくても使うことが可能
デビット型 事前にチャージの必要はないが、利用した時点で銀行口座から直接引き落としされる。
支払いと残高がすぐに連動するので、お金の管理がしやすい

三井住友カードが発行するものでいえば、プリペイド型なら「Visaプリペ」、ポストペイ型は一般的なクレジットカードである「三井住友カード」、デビット型なら「SMBCデビット」となります。

Visaのタッチ決済のメリット

Visaのタッチ決済には、素早く支払えること以外にも、さまざまなメリットがありますので、確認していきましょう。

素早い支払いができる

Visaのタッチ決済は、素早い決済ができます。クレジットカードのように決済端末にカードを差し込んだり、スマホ決済のようにコードを読み込んだりといった手間と時間がかかりません。決済端末に軽くクレジットカードをタッチするだけで、支払いが完了します。忙しい移動中や、混雑した店内でも、ストレスなく支払いができます。

海外でも使える

Visaのタッチ決済には、国際規格である「NFC Pay」が使われています。そのためアメリカやヨーロッパの各都市や観光地をはじめ、世界の約200の国と地域で利用できます。海外旅行や海外出張が多い人には、まさに心強い旅の相棒になってくれるはずです。

高度なセキュリティが施されている

Visaのタッチ決済は「EMV」というセキュリティ技術で守られています。これは国際的な決済サービス会社であるEuropay、Mastercard、そしてVisaによって共同開発され、各社の頭文字から名付けられた国際規格です。高度なセキュリティ性を担保することで、買物を安全に、しかも手軽に楽しむことができるのです。

Visaのタッチ決済の使い方

Visaのタッチ決済の使い方をご説明しましょう。たった3ステップで完了です。

  •  支払いの際、店員に「Visaのタッチ決済で」と伝える
  •  決済端末にカードを軽くタッチする
  •  レシートを受け取って、支払い完了

ただし、セキュリティ上の問題から、1万円を超える利用の場合、サインか暗証番号の入力が必要になる可能性があります。暗証番号の入力が必要なお取引はVisaのタッチ決済では利用できませんので、把握しておきましょう。

Visaのタッチ決済が使える場所

Visaのタッチ決済が使えるVisa加盟店は、店頭やレジなどにVisaのタッチ決済の対応マークが掲示されています。よくわからないときは、店員に聞いてしまうのが早いでしょう。大手コンビニ・スーパーマーケット、デパートやショッピングセンター、外食チェーンにドラッグストアなど、対応店舗は続々と拡大しています。
よく利用するお店に「Visaのタッチ決済」のマークがないか、チェックしてみましょう。

Visaのタッチ決済が使える場所

Visaのタッチ決済に対応したカードの作り方

Visaのタッチ決済に対応したカードは、どのように作ればいいのでしょうか。
前述したように、Visaのタッチ決済が使えるカードには、プリペイド型、ポストペイ型、デビット型の3タイプがあります。どのタイプを選ぶかによって、申し込むカードの種類が異なります。

なお、三井住友カードのクレジットカードを持っているなら、すでにVisaのタッチ決済に対応している可能性があります。券面にタッチ決済対応のマークがあれば、そのままVisaのタッチ決済を利用することができます。

三井住友カードでは、自社発行のいわゆるプロパーカードはもちろん、提携カードも順次、タッチ決済に対応していく予定です。

Visaのタッチ決済、ポイントは貯まる?

Visaのタッチ決済対応のクレジットカードであれば、利用額に応じてポイントが貯まっていきます。これはタッチ決済で支払っても、通常の決済端末で支払っても同じです。

Visaのタッチ決済は「カードに記録された情報を、どのように読み取るか」、その方法が一般的なカードと異なるだけです。クレジットカードとしての基本的な機能は変わりませんし、還元率もそのまま。スマートかつスピーディーに支払いを済ませ、ポイントをしっかり貯めていくことができます。

Visaのタッチ決済に対応する三井住友カード

三井住友カードが発行するVisaのタッチ決済に対応したクレジットカードをご紹介しましょう。それぞれに特徴を持つ、頼りがいのあるカードばかりです。あなたの生活スタイルに合った一枚を見つけ、今以上にカードライフを楽しんでください。

三井住友カード

「三井住友カード」は、最もスタンダードなクレジットカードです。旅行傷害保険やショッピング補償、ポイントプログラムなど、クレジットカードに求められる要素を一通り備えていて、初めてクレジットカードを持つという人にもおすすめです。年会費は通常、1,375円(税込)ですが、インターネット入会で初年度年会費無料となります。

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、満18歳~25歳限定のフレッシャーズ向けクレジットカードで、初年度は年会費無料でカードを作ることができます。翌年度以降も年1回ご利用で、年会費1,375円(税込)が無料になります。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。
さらに入会3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどおトクなクレジットカードです。

  • ※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード プライムゴールド

「三井住友カード プライムゴールド」は、満20歳以上30歳未満の若者限定で発行されるゴールドカードで、通常の三井住友カード ゴールドと同等の機能を有しながら、年会費が通常5,500円(税込)となります。
三井住友カード デビュープラスと同様、初年度の年会費は無料となります。なお、満30歳以降は、自動で三井住友カード ゴールドにランクアップします。

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、三井住友カードをワンランクアップさせたゴールドカードです。旅行傷害保険は最高5,000万円、空港ラウンジの無料利用など、ゴールドカードにふさわしい特典とステータス性を兼ね備えた一枚です。インターネットからの入会で初年度は年会費が無料、翌年度以降11,000円(税込)となっています。ただし、条件付きで年会費が割引となることがありますので、必ずご確認のうえお申し込みください。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつとして、新たに登場した「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1.0%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。

また、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

・新規入会&利用特典40,000ポイント

ご入会月の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

・継続特典最大40,000ポイント

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント

・外貨ショッピング利用※特典

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント

  • ※海外でのご利用のみ対象

・プラチナプリファードストア(特約店)

特約店でのご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント

  • ※特典を受けるには一定の条件がありますので、必ずこちらをご確認ください。

三井住友カード プラチナ

三井住友カードの数あるカードの中でも、最も上位ランクになるのが「三井住友カード プラチナ」です。黒色で光沢のあるカード券面は、高いステータス性を発揮してくれます。
見た目だけでなく、特典内容も非常に充実しており、旅行傷害保険は最高1億円の補償がついていたり、航空券やホテル、レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応してくれるコンシェルジュサービスがついていたりなど、最上位カードならではの手厚いサービスが魅力です。年会費は55,000円(税込)で、満30歳以上の人がお申し込みの対象となります。

よくある質問

Q1:Visaのタッチ決済とは?

Visaのタッチ決済は、Visaが提供している非接触型の決済方法です。Visaのタッチ決済の対応マークが掲示されている店舗なら、クレジットカードを決済端末に軽くタッチするだけで支払いができます。

Q2:Visaのタッチ決済のメリットは?

Visaのタッチ決済のメリットは、「素早い決済ができること」「世界の約200の国と地域で利用できること」「高度なセキュリティが施されていること」などが挙げられます。

Q3:Visaのタッチ決済の使い方は?

Visaのタッチ決済を使うには、支払いの際、店員に「Visaのタッチ決済で」と伝えます。その後、決済端末にカードを軽くタッチして、レシートを受け取ったら支払い完了です。

  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

Visaのタッチ決済とは?

  • Visaのタッチ決済はVisaが提供している
  • 素早く支払いができるのが特徴

Visaのタッチ決済のメリット

  • 素早い支払いができる
  • 海外でも使える
  • 高度なセキュリティが施されている

Visaのタッチ決済の使い方

  • 支払いの際、店員に「Visaのタッチ決済で」と伝える
  • 決済端末にカードを軽くタッチする
  • レシートを受け取って、支払い完了

Visaのタッチ決済が使える場所

  • Visaのタッチ決済の対応マークが掲示されているかを確認

Visaのタッチ決済に対応したカードの作り方

  • 三井住友カードなら、すでにVisaのタッチ決済に対応している可能性がある
  • 三井住友カードでは、プロパーカードはもちろん、提携カードもタッチ決済に対応していく予定

Visaのタッチ決済、ポイントは貯まる?

  • 利用額に応じてポイントが貯まる

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!