ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
アメリカでクレジットカードを使用する場合の基礎知識

おすすめのカードと作り方

アメリカでクレジットカードを使用する場合の基礎知識

こんな人に
おすすめ!

  • 補償・サポートを重視する方

アメリカでクレジットカードを使用する場合の基礎知識

クレジットカード大国ともいえるアメリカでは、現金での支払いよりもクレジットカードでの支払いのほうが一般的です。ですから、旅行やビジネスで滞在するときも、クレジットカードは必携のアイテムです。
ここでは、なぜアメリカではクレジットカード払いが好まれるのかという国内事情のほか、アメリカでクレジットカードを使用する場合に知っておきたい知識をご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

アメリカのクレジットカード事情

アメリカは、クレジットカードを利用できる店舗が非常に多く、クレジットカードの利用率が現金より圧倒的に高い国です。日本であれば、支払い方法が現金のみに限定されていることが多い小規模な飲食店や個人商店などでも、アメリカではクレジットカードを使うことができます。
例えば、カフェでコーヒー1杯、郵便局で切手1枚を買うときでも、クレジットカード払いができます。つまり、現金を一切持たずに外出しても行動に支障はないため、財布にクレジットカードだけ入れて外出するという人も珍しくありません。

クレジットカードの普及で問題になっているのが「使い過ぎ」です。アメリカのクレジットカードの決済方法は、リボ払いが一般的です。リボ払いは、毎月決まった額を返済していくシステムですから、使いすぎても当月の支払いに困るということは起きません。しかし、使った額は借金となるため、支払わないあいだは利息がつくことになります。そのため、返済が長引けば長引くほど利息が増えて、返済に苦しむケースが少なくないのです。
このような状況から、クレジットカードに代わり、カードを利用すると同時に口座からお金が引き落とされるデビットカードの利用率が次第に高まってきています。

アメリカにおけるクレジットカード普及の背景

アメリカでクレジットカードが普及している背景には、さまざまな事情があります。

偽札対策

アメリカでは、偽の高額紙幣で少額の買物をし、お釣りとして本物の現金を手に入れる犯罪が発生します。これを懸念し、店側は高額紙幣の受け取りを拒むため、少額の買物でもクレジットカード払いが求められるのです。

盗難対策

治安の悪い地域では、盗難が多くなります。そのため、現金とは異なり保障が利くクレジットカードを持ち歩くことで、万一の被害を極力抑えることができます。

ローン対策

アメリカでは、住宅ローンやマイカーローンを組む際、良好なクレジットヒストリーを有していることがひとつの条件になります。そのため、人々は積極的にクレジットカードを使ってヒストリーを積み上げ、将来のローン審査に備えているのです。

アメリカならではのクレジットカードの利用ケース

アメリカならではのクレジットカードの利用ケースをご紹介します。

アメリカのホテルでは、チェックインのときに「デポジット」と呼ばれる保証金を求められることがあります。この場合、事前に宿泊費の支払いを済ませていたとしても、宿泊費とは別に一時的にデポジットを支払わなくてはなりません。デポジットをクレジットカードで支払った場合、チェックアウト時に請求はキャンセルされ、引き落とされるのは宿泊費のみとなります。
また、病院でもクレジットカードが必要です。アメリカでは病気やケガで病院を受診すると、医療費の支払い能力があるかどうかを確認するために、クレジットカードの有無を聞かれる場合があります。

アメリカで現金が必要な場面

アメリカでは、クレジットカード1枚あれば生活できてしまうといっても過言ではありませんが、現金が必要なケースもあります。

代表的なのは、サービスに対するお礼のチップです。レストランでは、クレジットカードでの支払いと同時にチップを渡すか、支払いをした後でチップを現金でテーブルに置きます。このほか、タクシーの運転手やホテルのドアマン、ツアーガイドなどにもチップを渡す習慣があります。
基本的に、レジまで自分で商品を持っていくようなセルフサービスのお店ではチップを支払う必要はありません。日本にはない習慣なので、戸惑う人も多いでしょう。
利用料金とチップを合計してクレジットカードで支払えるお店もありますが、念のため現金を持っておいたほうが安心です。

アメリカで使いやすい国際ブランドはVisa

アメリカでは、国際ブランドのクレジットカードをほとんど使用することができますが、最も普及率が高いのはVisaです。高級店などでは、ある程度のステータスがあるクレジットカードに利用が限られている場合もありますので、カード選びは慎重にしましょう。
なお、カードと端末の相性が悪かったり、カード自体に磁気不良が起きたりする場合もあります。念のため、予備のクレジットカードを持っていくと安心です。

ビジネスでも観光でも、アメリカに行く際におすすめなのは、「三井住友カード(NL)」です。三井住友カード(NL)は最高2,000万円までの海外旅行傷害保険もついています。また、インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなどセキュリティも万全で、盗難や紛失のリスクにも対応できます。

  • ※2018年5月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

お買物や旅行でのご利用には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

アメリカでは少額決済でもクレジットカード払いが普通

チップを支払う場面では現金が必要なケースもある

最も普及しているクレジットカードはVisa

クレジットカードは2枚持ちがおすすめ

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    関連情報

    あなたのタビをサポートします タビサポ 海外旅行・持ち物ガイト

    海外旅行に行かれる方は必見!旅行前の準備から、知っておきたいお役立ち情報、よくある現地でのトラブルまで、あなたのタビを快適にサポートする情報が満載!出発前にご確認ください。

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!