CSRの基本方針

弊社は、CSR活動を推進するために
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)で定める
CSRの基本方針に基づき活動しています。

SMFGにおけるCSRの定義

  • お客さま お客さま
  • 株主・市場 株主・市場
  • 社会・環境 社会・環境
  • 従業員 従業員

事業を遂行する中で、@お客さま、A株主・市場、B社会・環境、C従業員に、より高い価値を提供することを通じて、
社会全体の持続的な発展に貢献していくこと。

SMFGのCSRにおける
共通理念=ビジネス・エシックス

  • 1.お客さま本位の徹底
  • 1.お客さま本位の徹底

    私たちは、お客さまに支持される企業集団を目指します。そのために、常にお客さまのニーズに合致するサービスが何かを考え、最良のサービスを提供することにより、お客さまの満足と信頼を獲得します。

  • 2.健全経営の堅持
  • 2.健全経営の堅持

    私たちは、自己責任原則に基づき、公正、透明かつ健全な経営を堅持する企業集団を目指します。そのために、株主、お客さま、社会等のステークホルダーとの健全な関係を維持しつつ、効率性と長期的視点に立った業務運営、適時かつ正確な情報開示を通じ、持続的な成長と健全な財務体質を堅持します。

  • 3.社会発展への貢献
  • 3.社会発展への貢献

    私たちは、社会の健全な発展に貢献する企業集団を目指します。そのために、企業の公共的使命と社会的責任を自覚し、広く内外経済・産業の安定的な発展に貢献する業務運営に努めると共に、「良き企業市民」として社会貢献に努めます。

  • 4.自由闊達な企業風土
  • 4.自由闊達な企業風土

    私たちは、役職員が誇りを持ちいきいきと働ける企業集団を目指します。そのために、人間性を尊重すると共に、高い専門性を持つ人材を育成し、もって、自由闊達な企業風土を醸成します。

  • 5.コンプライアンス
  • 5.コンプライアンス

    私たちは、常にコンプライアンスを意識する企業集団を目指します。そのために、私たちは、業務の遂行において常に、私たちのビジネス・エシックスを意識すると共に、監査や検査の指摘に対する速やかな行動を確保し、もって、法令諸規則や社会の良識に則した企業集団を確立します。

社会貢献活動の基本方針

『良き企業市民』としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指し社会貢献活動を行います。
この社会貢献活動を積極的に行うため、企業で活動を企画・実施すると共に社員のボランティア活動を支援します。

社会貢献活動の推進体制

当社は、「環境」「次世代」「コミュニティ」等の多岐にわたる分野において、
三井住友フィナンシャルグループとも協働し推進しています。

もっと三井住友カードについて知る