DXの推進

DX推進宣言

DXの加速で、新たなキャッシュレス社会を実現します。

DXの加速で、新たなキャッシュレス社会を実現します。

現在、決済ビジネスは厳しい環境変化に直面しており、お客さまや社会のニーズも多様化しています。私たち三井住友カードはこの多様化するニーズをチャンスととらえ、DXの加速で新たなお客さま体験の創造や社会課題の解決に取り組みます。

デジタルベースでの商品開発、膨大なキャッシュレスデータの活用によるマーケティングプロセスの改革、そしてお客さまとのリッチなデジタルコミュニケーションサービスなどは、私たちの描くキャッシュレス社会を実現する、新たな価値です。また、この価値を創造するために、私たちもDXを推進する人材の育成やイノベーティブな社内風土の醸成を推進しています。

今後も「便利」「安心・安全」「お得」なキャッシュレス社会をめざし、全社一丸となってDXを加速することをお約束します。

三井住友カード株式会社

代表取締役社長 大西幸彦

DXビジョン

弊社は、「お客さまに選ばれ、お客さまの決済をあらゆるシーンで支える“デジタル”&”イノベーション”カンパニー」をビジョンとして掲げており、DXを加速することで、お客さまや社会の多様なニーズにデジタルベースで応え、新たな付加価値の創造をめざしています。

事業での取り組み

会員事業

会員事業

ナンバーレス・カードレスカードの発行 イメージ

ナンバーレス・
カードレスカードの発行

ナンバーレス・カードレスカードの発行

2021年2月、券面にカード情報を印字せず、アプリ上でカード情報を確認するナンバーレスカードを、同年10月にはVisaブランドのクレジットカードとして国内初となる、プラスチックカードが発行されないモバイル端末専用のカードレスカードを発行し、デジタルファースト時代の新たなキャッシュレス体験を提供しています。

Vpassアプリ イメージ

Vpassアプリ

Vpassアプリ

会員向けサービス「Vpass」の機能をスマートフォンアプリで提供。カードのご利用状況、ポイントの確認や、各種手続きができます。また、生体認証ログインや、ご利用の金融機関と連携して収入や支出の内訳を確認できる家計管理機能などの、アプリ独自の便利な機能が利用できます。

ご利用通知・あんしん利用制限サービス イメージ

ご利用通知・
あんしん利用制限サービス

ご利用通知・あんしん利用制限サービス

カードのご利用時にご利用内容をリアルタイムにお知らせする「ご利用通知サービス」、カードの利用を制限することができる「あんしん利用制限サービス」など、より安心してカードをご使用いただくためのサービスです。

法人事業

法人事業

法人カードのオンライン入会 イメージ

法人カードのオンライン入会

法人カードのオンライン入会

紙申込書の提出が必須であった法人カードのお申し込みを、すべてweb上で完結する新たな入会システムを構築。

申し込みから契約・カード発送まで、よりスピーディーに対応することが可能になりました。

<対象カード>ビジネスカード(中小企業向け)、コーポレートカード(大企業・中堅企業向け)、パーチェシングカード(カード原板不発行型)

SMCC Biz Partner イメージ

SMCC Biz Partner

SMCC Biz Partner

法人カード管理者が行うカード使用者の追加や退会、属性変更などの各種手続きをwebで完結いただける専用サイトを提供。ペーパーレス、テレワークや、法人カード管理者の利便性・生産性向上に貢献できるサービスです。

コンカー「経費精算システム」 イメージ

コンカー「経費精算システム」

コンカー「経費精算システム」

弊社法人カードと、コンカーの「経費精算システム」を連携することで、紙の領収書整理や、金額の手入力をなくすことができます。企業の経費精算の入力レス、ペーパーレス、承認レスを実現するソリューションです。

加盟店・データ事業

加盟店・データ事業

決済プラットフォーム「stera」 イメージ

決済プラットフォーム「stera」

決済プラットフォーム「stera」

リアル店舗でもネット店舗でもさまざまな決済手段にワンストップで対応できるプラットフォームを提供。リアル店舗向けに提供するオールインワン決済端末はアプリケーションの追加が可能で、決済以外の業務にも活用いただけます。オムニチャネルにも対応しており、決済データの統合により加盟店さまのマーケティングや業務効率化にも寄与します。

データ分析支援サービス「Custella」 イメージ

データ分析支援サービス「Custella」

データ分析支援サービス「Custella」

顧客属性ごとの購買行動の変化や、業種別の購買チャネルの特徴を可視化することができるソリューション。三井住友カードが保有する膨大なキャッシュレスデータを活用し、今まで見えなかった顧客の購買行動や市場動向を把握することで、マーケティング課題の解決をサポートします。

社内での取り組み

業務オペレーションの革新

デジタル技術を活用した業務プロセスの改革に取り組んでいます。 

「AI-OCR」を用いた、画像データからデジタルデータへの高精度な変換処理や、「RPA」を活用した定型業務の自動化により、効率的なビジネスモデルの構築を推進しています。

社内のデータ利活用促進

社内のデータ利活用を推進する専担チームを設置し、社内案件の企画・検討段階からアナリストを投入するほか、各部の社員が自らデータ分析ができるよう、人材育成カリキュラムを作成し全社員へ提供しています。また、各種分析ツールを多くの社員が使えるよう環境整備にも取り組んでいます。

社内コミュニケーションのDX

従業員のテレワーク環境の整備や、ビジネスアプリケーションを用いたオンライン会議の推進など、社内の業務コミュニケーションのDXにも取り組んでいます。よりスピーディかつ、質の高いコミュニケーションをとることで、生産性の向上と、働き方の抜本的な改革をめざしています。

推進体制

弊社では、デジタル開発力・データ分析力の強化を目的に、データ戦略部を設置し、社内DXの促進に取り組んでいます。

また、個人会員事業は「マーケティング本部」「オペレーションサービス統括部」、加盟店事業は「アクワイアリング統括部」、法人会員事業は「法人決済ビジネス部」を中心にデジタル化を推進し、顧客利便性の向上や業務効率化、新たなビジネスの創出に取り組む体制としています。

弊社がめざす指標

弊社では、DX関連事業を推進するため、以下のようなKPIを定めています。

  • Vpassアプリ、ナンバーレスカードを中心とした新規プロパーカード会員の獲得数
  • Concurシステムとの連携強化などによる法人カード会員の獲得数、取扱高
  • Web明細書比率、顧客手続きのオンライン完結率
  • 加盟店のデータ管理や業務効率化を支援するstera marketのアプリケーションダウンロード数
  • データ分析支援サービスCustellaによる収入

など