LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

Powered by 三井住友カード

カードローン入門

カードローンは完済したら解約になる?カードローン解約時の注意点

カードローンは完済したら解約になる?カードローン解約時の注意点

初めてカードローンを利用する人の中には、「借入れしたお金をすべて返済したら、そこで契約が終了する」と思っている人が多いかもしれません。しかし、そうではありません。カードローンで借入れしたお金をすべて完済しても、解約したことにはなりません。では、完済と解約はどのような違いがあるのでしょうか。また、もし解約をしたい場合にはどのような手続きをすればいいのでしょうか。事前に解約のことを考える人は少ないかもしれませんが、きちんと把握しておけば、安心してカードローンを利用できます。

この記事では、カードローン初心者が間違えやすい「完済」と「解約」の違い、そして、カードローンの解約を考えている人にとって重要な解約手続きの流れについて解説します。また、解約すべきかどうか迷っている人に向けて、解約した場合のメリット、デメリットについても説明します。

目次

カードローンを解約する際の留意点

カードローンの解約をする前に知っておいたほうが良い点が2つあります。それは、「借入金の完済」と「カードの有効期限の更新」についてです。誤解しやすいポイントですので、それぞれ確認しておきましょう。

借入金の完済

カードローンを解約するためには、基本的には借入金をすべて返済しなければいけない会社が大多数です。
また、完済すれば自動的に解約になるわけではなく、別途、解約の手続きが必要となりますので、「完済=解約」ではない点に注意が必要です。

カードの有効期限の更新

カードローンには、クレジットカードと同じように有効期限があり、更新されると自動的に有効期限が更新された新しいカードが発行される会社もあります。「有効期限が来れば契約が切れる=解約される」ということではありません。
なお、有効期限の更新の際、カードローンを提供している会社側が、カードローンの利用状況や返済実績などを踏まえて審査を行い、問題がなければカードが更新されます。このとき、改めて審査用の書類の提出を求められることはありません。
つまり、更新の審査において延滞などの返済トラブルが発覚した場合や、利用者から解約の申請があった場合に限り、カードローンの契約は解約となります。そうでない限り、カードローンを契約した状態が続くことになりますので、長く利用し続けたい人にとっては、面倒な手続きがなく便利なシステムといえるでしょう。

ご利用実績と年数に応じて適用金利を優遇。全国の銀行・コンビニATMが利用できるカードローンといえば
年会費無料のカードローンは三井住友カードのカードローン

カードローン解約の手順

解約するための手続き方法は、カードローンを提供している会社によって若干異なります。まずは、ウェブサイトや電話サポートなどで、事前に確認しておきましょう。
ここでは、ある程度借入残高が残っている場合における、一般的な解約手続きの流れと注意すべき点について解説します。

1.完済する日を決める

カードローンを解約するには、基本的には借入金を完済しなければなりません。その際、注意しなければいけないのが、利息です。
カードローンの利息は日割りで計算されるため、完済するタイミングによって変わります。つまり、今日と明日では、完済しなければいけない金額が変わってくるのです。そのため、まずは借入残高を確認し、完済すると決めた日までの利息を見越して、余裕をもった金額を用意しましょう。

2.カードローンを提供している会社に連絡し、金額を確認して完済する

カードローンを提供している会社に電話をし、解約したい旨を伝えます。その際、事前に決めておいた完済日も伝え、返済すべき金額を確認しましょう。すでにお金が用意できているのであれば、その日中に完済してしまったほうが、支払う利息は小さくなります。

完済で注意しなければならないのは、ATMの利用です。なぜなら、返済すべき金額は、利息計算により、ほとんどのケースで1円単位の端数が発生するからです。従って、硬貨の取り扱いをしていないコンビニATMなどでは、完済ができない可能性があります。どのように返済をすればいいかは、解約および完済の連絡をした際に、カードローンを提供している会社の案内に従いましょう。

3.解約は電話でOK、書類を提出するケースはほぼなし

多くのカードローンは、電話で解約手続きができます。解約したい旨を伝え、借入残高を完済すれば、解約手続きは完了します。
解約の際に書類の提出が必要なケースは、ほとんどないと考えていいでしょう。ただし、解約の手順は、カードローンを提供している会社によって異なりますので、電話やウェブサイトなどで確認しながら進めてください。

解約が成立すれば、カードは利用できなくなりますが、手元残っているカードは、念のためハサミで切る、もしくはカードローンを提供している会社に返送するなど、きちんと処分しましょう。なお、返済が引き続き残っている状態で解約した場合には、カードは手元に残しておきましょう。

カードローン解約のメリット・デメリットとは?

カードローンを解約することは、利用者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。併せて、デメリットも確認しておきましょう。

解約した場合のメリット

カードローンを解約した場合のメリットは以下のとおりです。

・信用情報への影響 カードローンを解約するにあたって「借入金を完済すること」は、信用情報に良い影響を与えます。ただし、「解約すること」自体が信用情報においてプラスになるかどうかは、一概にはいえません。
「住宅ローンや自動車ローンに申し込むなら、カードローンを解約しておいたほうが有利」という意見もあるようですが、審査の基準は会社によって異なります。「解約」よりも「完済」のほうが、信用情報の面で重要であるといえるでしょう。

・使いすぎの防止 カードローンは、限度額の範囲内であればいつでも借入ができます。そのため利用者の中には、つい必要以上にお金を借入れたり、使いすぎてしまったりする人も少なからず存在します。
カードローンで借りたお金は、いつか必ず返さなければいけません。解約すれば、強制的に「借りたくても借りられない」状況になるため、使いすぎを防ぐことができます。

解約した場合のデメリット

カードローンを解約した場合には、次のようなデメリットが考えられます。

・解約後に再度借入したくなったら、改めて審査が必要になる いったん解約し、再び同じカードローンを利用する場合、改めて申し込みの手続きおよび審査を受ける必要があります。「前に契約していたから、すぐに審査も通るだろう」と思うかもしれませんが、そういったことはありませんので気を付けてください。
しかも、前回と同じような契約条件になるとは限りません。例えば、転職による収入減、他社からの借入状況の変化などによって、で金利や借入利用枠などの条件が変わる可能性があります。

・借入までに時間がかかる カードローンを提供している会社によっては、契約手続きや審査に、ある程度の時間がかかる場合があります。急にお金が必要になった場合、解約せずに利用枠にも余裕があれば、すぐに借入れができますが、解約していれば当然そうはなりませんので、不便だと感じてしまう可能性があります。

・解約後、一定期間は再契約できないケースも あまり多くはありませんが、解約後、一定期間は再契約できない会社もあります。規約は、カードローンを提供している会社によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

カードローンは完済した状態でも、契約は残しておくと良いこともある

カードローンを解約する際の手続きと、解約した場合のメリット、デメリットについて確認してきました。
カードローンは、解約したからといって信用情報が良くなるとは限りません。また、いったん解約した後に再度利用したいと思っても、改めて申し込みおよび審査を受ける手間が発生します。

たとえ借入金を完済しても、解約手続きをしない限り、カードローンの契約は続くことになります。しかし、カードローンを契約していること自体は、信用情報の面でマイナスになるわけではありません。従って、「完済した状態で、契約は残しておく」という選択肢もあります。
今後もカードローンを利用する可能性があるかどうか、きちんと見極めた上で、解約を検討しましょう。

三井住友カード カードローン・カードローン(振込専用)貸付条件

横にスライドしてください

カード名

三井住友カード
カードローン

三井住友カード
カードローン(振込専用)

利率(実質年率) 1.5%~15.0% 1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

LOAN NOTEとは?

LoanNote(ローンノート)では、融資やカードローンをはじめる方に向けた、知っておきたい基礎知識や利用ノウハウなどをご紹介していきます。

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい金利
引き下げサービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディな融資

選べるご返済日

申込WEB完結

三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい
金利引き下げ
サービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディ
な融資

選べるご返済日

申込
WEB完結

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. カードローン入門
  4. カードローンは完済したら解約になる?カードローン解約時の注意点