カードローン

LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

カードローン

Powered by 三井住友カード

借り換え・活用法

カードローンを借り換えるメリット・デメリットと上手な利用法とは?

カードローンを借り換えるメリット・デメリットと上手な利用法とは?

カードローンの金利はローン会社によって異なります。少しでも金利の低いローンがあれば、そちらに借り換えるというのも、賢明な利用方法です。
しかし、「カードローンの借り換えは審査がきびしい」という噂があります。本当にそうなのでしょうか?メリットとデメリットも含めて、カードローンの借り換えについて解説します。

目次
三井住友カード カードローン キャンペーン イメージ

貸付条件等はこちら

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、現在契約しているカードローンから別の会社のカードローンに乗り換えることを指します。手順としてはA社のカードローンを新たに契約してお金を借り、そのお金で現在契約しているB社のローンを完済する、という形になります。A社、B社、C社からお借り入れがある人が、A社のお借り入れ分のみD社と契約し直す場合も、借り換えにあたります。

このように、カードローンの借り換えとは、「E社からF社へ」という一対一の考え方が基本です。複数のお借り入れの総額を新たに別のG社から借り、すべてのローンを完済する、多対一の借り換えもありますが、この場合は「おまとめ」や「おまとめローン」と呼ばれ、借り換えとは別のものとして区別します。

おまとめとの違い

おまとめは、複数のお借り入れがある人が返済管理の負担を軽減するため、またはお借り入れを一本化することで返済額を軽減するために行うものです。借り換えが「一対一」であるのに対し、おまとめは「複数対一」となります。

おまとめとの違い

複数社からお借り入れがあると、それぞれの返済期日・返済額を把握して、滞りなく返済をこなすのに追われ、全体の借入状況が見えにくくなりがちです。そこで、おまとめを利用してお借り入れを一本化できれば、お借り入れの全容が把握しやすくなり、返済計画を立てやすくなるメリットがあります。
また、借入額が大きくなると適用金利が下がることを利用して、お借り入れを1社にまとめることで、月々の返済の負担軽減につなげられる場合もあります。

借り換えたい場合の注意点

借り換えによって毎月の返済額を減額した場合、新しい契約先の返済方式や月々の返済額の設定によっては、完済までの返済期間が長くなり、結果として返済総額が割高になってしまうことがあります。
月々の返済額を抑えたいのか、あるいは返済総額を減らしたいのか。それによって、借り換え先のカードローンの選択が変わりますので、金利や返済方式、毎月の返済額をよく見て、返済シミュレーションを必ず行いましょう。

カードローンを借り換えるメリット・デメリット

カードローンの借り換えには、メリットだけでなくデメリットもあります。それらを理解したうえで、借り換えるべきかどうかを判断することが重要です。
実際に借り換えた後で「やっぱり元に戻したい」と思っても難しい場合もあるので、十分に検討してから行うようにしましょう。

<借り換えのメリット> ・利息を減らせる 現在よりも金利の低いカードローンに借り換えると、それだけ毎月の利息を減らすことができます。借入残高が減らせるわけではありませんが、最終的な返済総額を減らすことにつながります。利息負担が軽くなって収支に余裕が生まれれば、臨時返済で元金を減らしやすくもなるでしょう。そして、少しでも金利が低くなることで、気分的にも楽になるというメリットもあります。

・月々の返済額を減らせる 「利息を減らせる」と似ていますが、月々の返済額を減らすことも、借り換えの目的のひとつになります。カードローン各社によって返済方式や毎月の返済額の設定は異なり、同じ借入額と金利であっても、返済総額や毎月の返済額に違いが生じます。今、借りているカードローンではなく、別の会社に変えることで、月々の返済額を減らすことができる場合があるのです。
例えば、元金定額方式から元利定額方式に変えると、毎月の返済額は一定となり、利息分による変動はなくなります。毎月1万円の返済の場合、元金と利息分を合わせて返済額は1万円ですので、元金定額方式で返済していた1万円+利息分よりは、月々の返済額が減る結果となります。また、返済方式は同じ元利定額方式や元金定額方式のままでも、会社によって、毎月の返済額が1万円と設定しているところもあれば2万円としているところもあります。

カードローンのネットでのお申し込み

<借り換えのデメリット> ・再審査が必要になる 借り換えとなれば、新たにカードローンを申し込むことになりますので、そのための審査を受ける必要があります。すでにカードローンの契約があるからといって、この審査を避けることはできません。
審査基準はカードローン各社によって差があるため、実際に審査に通るかどうかは会社の判断次第です。

・返済総額が増えることがある 返済方式の変更によって月々の返済額が減った場合でも、返済総額は増える可能性があります。
例えば、元金定額方式から元利定額方式に変えた場合、毎月1万円+利息の返済が、毎月1万円のみとなるような形で、毎月の返済額は一定となって管理しやすくなり月々の返済額は減ります。しかし、同じ金利の場合、元金定額方式のほうが元金の減りが早く返済総額を抑えられる特徴があるため、元利定額方式だと完済までの全体を通して見ると損になる場合もあるのです。また、同じ返済方式であっても、毎月の返済額が小さくなれば返済期間は延びるため、結果的に支払う利息は大きくなる場合もあります。

借り換えを検討したほうがよい人、しないほうがよい人

借り換えたほうが返済額は小さくなるのか、それとも増えてしまうのかはケースバイケースなので、一概に「こういう場合は借り換えをしたほうがよい」とはいえません。とはいえ、ある程度の判断基準はあります。

借り換えを検討したほうがよい人

借り換えを検討するのがおすすめなのは、現在借りているカードローンで「金利が高い」「毎月の返済が負担」と思っている人です。

・金利が高いと感じている カードローンの金利の上限は法律で決まっており、借入額が10万円未満では年20.0%、10万円以上100万円未満では18.0%、100万円以上では15.0%です。現在の借入金利がこの上限額に近い場合は、借り換えによって金利を下げられる可能性があります。
金利はカードローン各社のウェブサイトに掲載されていますので、まずは調べて比較をしてみましょう。ただし、4.0%~14.5%というように、幅のある表記がなされていることがほとんどです。最低金利にばかり目が行きがちですが、実際の適用金利は最低金利とは限りません。実際にはいくらになるのか、各社のウェブサイトに返済シミュレーションツールがあれば、使って検討するといいでしょう。

・毎月の返済額が負担と感じている 毎月の返済額が負担と感じている場合、まずは現在契約しているカードローンを提供している会社に問い合わせてみることをおすすめします。ローン会社によっては、毎月の返済額を減額する方法を用意していることがあります。相談の結果、現在のカードローンでの継続が難しいということであれば、ほかのカードローンを提供している会社に相談してみるといいでしょう。

借り換えをしないほうがよい人

一方、「すでに現在のカードローンの金利が低い場合」や「借入金額が小さく返済の負担も大きくない場合」「返済に負担を感じていない場合」は、必ずしも借り換えがおすすめとはいえません。

・現在のカードローンの金利が低い カードローンの金利はカードローンを提供する会社によって違いますが、極端に低いところはほとんどないのが現状です。何社か調べてみても現在の金利とほとんど変わらない場合は、借り換えても金利が大幅に下がるわけではありません。借入金額が大きく、わずかでも金利が下がることで返済総額に大きな差が出るような場合を除き、借り換えるメリットは少ないといえます。

・借入金額が小さく返済の負担も大きくない 借入金額が小さいと、多少金利が下がっても返済額は大きく変わりません。
例えば、借入額が100万円で年利18.0%の場合と年利15.0%の場合では、年間利息は3万円の違いがあります。しかし、借入額が10万円なら、その差は3,000円です。
これでは、借り換えの手間に対して、あまりメリットが大きいとはいえないでしょう。実際には毎月お金を返済していくでしょうから、その差はさらに少なくなります。

・返済に負担を感じていない 借入金額が小さく返済の負担も大きくない場合と同様に、現状の返済額で負担に感じていない場合も借り換えのメリットがあまりないため、見合わせるのがおすすめです。

カードローンの借り換え審査は厳しいとは言い切れない

カードローンを借り換えるには、通常のカードローン契約と同じように審査に通過する必要があります。
よく「借り換えは審査がきびしい」といわれますが、「借り換えによって信用情報が問題になり、審査がきびしくなるのでは?」というのは、推測に過ぎません。

そもそも、カードローンは申し込み時に用途を確認できないため、審査する会社にとっては通常の審査も借り換えの審査も同じです。もちろん、他社でのお借り入れは確認しますが、借り換えを目的としているのかどうかを会社側が知ることはできません。

通常のカードローン契約でも借り換えでも審査でチェックされるのは、「信用情報」「他社からのお借り入れ」「ご本人の属性」の3点です。それぞれの内容をどう評価するかはローン会社によって違い、その審査基準を知ることはできません。
ただし、一般的には、下記のような傾向があるようです。

<審査でプラスに評価されやすい状況の例>

  • 何度も延滞歴があるよりは、一度の延滞もないほうがプラスにつながりやすい
  • 収入が不安定よりは、安定しているほうがプラスにつながりやすい
  • 勤続年数が短いよりは、長いほうがプラスにつながりやすい

自分でコントロールできないものもありますが、例えば「普段から返済期日に遅れないようにする」「転職直後のローンの借り換えは避ける」など、できるだけ準備をした上で審査に臨みましょう。

総量規制で、借り換え審査に通らない場合がある

カードローンの借り換えで問題になりやすいのは、特に「他社からのお借り入れ」項目に関係する「総量規制」というハードルです。
総量規制とは、貸金業法が適用されるカードローンに関する規定で、「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならない」というものです。つまり、利用者側から見れば、自分の年収の3分の1までしか借りることができない、というわけです。
複数のカードローンからお借り入れをしている場合は特に、この総量規制に引っかかり、新規契約ができないということがあります。借り換えで審査がきびしくなるというのは、この総量規制の問題で引っかかってしまい、審査に通らないことが考えられるのです。

リボ払いをカードローンに借り換えるという手も

クレジットカードでのショッピングやキャッシングでリボ払い残高がある場合、新たにカードローンを契約し、お借り入れしたお金でリボ払い残高を一括支払いすることで、最終的な返済総額を減らせる場合があります。

例えば、クレジットカードで50万円分の買物をし、手数料15.0%、月々2万円のリボ払いで支払う場合、支払回数は21回、支払総額は約58万205円になります。
これを金利12.4%のカードローンに借り換えた場合、同じように月々2万円ずつの返済なら、返済回数は21回、返済総額は約56万8,658円となり、その差は約1万1,547円です。

■利用額50万円のクレジットカードの支払いをカードローンに借り換えた場合

横にスライドしてください

クレジットカード 金利/支払回数 支払総額
月々2万円ずつ
リボ払い
15.0%/21回 約58万205円
カードローン 金利/返済回数 返済総額
月々2万円ずつ
リボ払い
12.4%/21回 約56万8,658円

シミュレーションの数値となります。実際の返済金額とは異なる場合がございます。

借り換えはよく考えて、カードローンを提供している会社にも相談を

借り換えにはいくつものメリットがありますが、借り換え先の選択によっては返済総額が増えてしまう可能性があります。また、審査に通るかどうかは申し込んでみないと分かりません。それでも、借り換え先の選択を上手に行えば、大きなメリットが得られます。
まずは毎月の返済が苦しい、負担が大きいという状況の場合、現在のカードローンを提供している会社に相談してみましょう。その結果次第で、借り換え先を検討するなど、十分に調査してから行うことをおすすめします。

よくある質問

Q1:カードローンの借り換えとおまとめローンの違いは?

カードローンの借り換えは、現在契約しているカードローンA社から別の会社のカードローンB社に乗り換えることを指します。
おまとめは、複数の会社からお借り入れしている総額をC社からお借り入れして、複数の会社のローンをすべて完済し、C社に一本化することです。

Q2:カードローンを借り換えるメリットとデメリットは?

カードローンの借り換えで得られるメリットは2つです。

  • 利息を減らせる場合がある
  • 月々の返済額を減らせる場合がある

現在よりも金利の低いカードローンに借り換えたり、ほかの返済方式を採用しているカードローンに変えたりすることで、利息や毎月の返済額を減らせる場合があります。

一方、デメリットも2つあります。

  • 再審査が必要になる
  • 返済総額が増える場合がある

借り換えるということは、ほかのカードローンを提供する会社に申し込みをするわけですから、そこで審査を受けることになります。また、借り換えで毎月の返済額が減ったとしても、完済までの返済期間が伸びて返済総額が増える可能性があります。

Q3:どういうときにカードローンの借り換えをしたらいい?

現在、借りているカードローンで、「金利が高い」「毎月の返済が負担」と思ったら、借り換えを検討してみてもいいでしょう。


カードローンのネットでのお申し込み

三井住友カード カードローン・カードローン(振込専用)貸付条件

カード名

三井住友カード
カードローン

三井住友カード
カードローン(振込専用)

利率(実質年率) 1.5%~15.0% 1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

カード名

三井住友カード カードローン
三井住友カード カードローン

利率
(実質年率)

カードローン

1.5%~15.0%

カードローン(振込専用)

1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

キャンペーンはこちら

キャンペーンはこちら

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

カードローン
三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい金利
引き下げサービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディな融資

選べるご返済日

申込WEB完結

カードローン

三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい
金利引き下げ
サービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディ
な融資

選べるご返済日

申込
WEB完結

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. 借り換え・活用法
  4. カードローンを借り換えるメリット・デメリットと上手な利用法とは?