Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行中の豆知識
  6. デポジットのしくみとは?支払いから返金までの流れを解説

旅行中の豆知識

デポジットのしくみとは?支払いから返金までの流れを解説

デポジットのしくみとは?支払いから返金までの流れを解説

海外でホテルやレンタカーを利用する際、デポジットを求められることが多々あります。日本ではなじみが薄いですが、デポジットとはどのようなものなのでしょうか。 デポジットの意味やしくみのほか、デポジットを求められたときの正しい対応や注意点について解説します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

デポジットとは?

デポジットとは、利用するサービスに対する「保証金」や「預かり金」のことです。海外では、ホテルの宿泊時やレンタカーを借りる際にデポジットを求められるケースが多く見られます。 デポジットの金額は、ホテルやレンタカー会社などによって異なりますが、ホテルの場合は1~2泊分の宿泊費相当額を、レンタカーの場合は自動車保険や盗難保険の余剰額(車両の破損や盗難の際に自費で払う必要のある額)に相当する金額が一般的です。

デポジットはなぜ必要?

デポジットを求められる理由は、利用トラブルなどがあった場合の未払いを防ぐためです。次に挙げるようなことが起きた場合、デポジットとして預けた金額から処理されます。

<ホテルの場合>

  • 宿泊費を払わずに利用者がホテルを後にしたとき
  • ルームサービスやレストランなどの利用料金を精算しないで帰宅したとき

<レンタカーの場合>

  • 約束の時間を過ぎてもレンタカーが返却されなかったとき
  • レンタカーの利用中に、利用者が事故などを起こしたとき
  • レンタカーに傷や汚れをつけたとき

このようなトラブルで発生した金額がデポジットを超えた場合の差額は、ホテルのチェックアウト後やレンタカーの返却後であっても、利用者が負担しなければなりません。

デポジットは戻ってくる?

何事もなくホテルのチェックアウトやレンタカーの返却が行われた際は、預けたデポジットは全額戻ってきます。なお、ホテルの場合は、ルームサービスなどの利用金額を差し引いて戻ってくることもあります。チェックアウト時の精算の手間が省けますが、利用金額がデポジットを超えた場合は、その場で差額の支払いが必要となるため、事前に金額を確認しておくと安心です。

デポジットを求められたときの対応方法

デポジットの支払い方法には、現金かクレジットカードがあります。 現金の場合は、指定された金額を現地通貨で預けます。一方、クレジットカードの場合は、提示やコピーだけで済むケースも多いです。というのも、クレジットカードは社会的信用がないと作れないことから、海外では身分証明書代わりや支払い能力の証明として扱うことが多いからです。 ホテルやレンタカー会社の中には、デポジットを現金での支払いに対応しておらず、クレジットカードのみの指定にしている場合もあるため、海外旅行の際はクレジットカードの携帯をおすすめします。

あわせて読みたい
海外旅行前にクレジットカードを作るべき10の理由

お申し込みはこちら
三井住友カード カードをつくる

デポジットだけじゃない!海外旅行にクレジットカードを携帯するメリット

クレジットカードは、デポジット以外にも、海外旅行のさまざまな場面で活躍します。例えば、海外旅行中に現金が必要になったとき、クレジットカードがあれば、最寄りのATMから現地通貨を引き出せます。 また、ケガや病気になったり、盗難などの被害に遭ったりしたときも、カード付帯の海外旅行傷害保険で補償される場合があります。

あわせて読みたい
知っておくと便利!海外でのクレジットカードの使い方

海外旅行に携帯するクレジットカードの選び方

デポジットやショッピングはもちろん、不測の事態にも強い味方となってくれるクレジットカードは、海外旅行に欠かせない持ち物の1つといえるでしょう。そのため、海外旅行に携帯するクレジットカードを選ぶときは、ショッピングやキャッシングで使える金額のほか、海外旅行傷害保険の補償内容や利用条件もしっかり確認しておくことが大切です。

三井住友カード

三井住友カード

インターネット入会で初年度年会費無料の「三井住友カード」は、最もスタンダードなクレジットカードです。旅行傷害保険やショッピング補償、ポイントプログラムなど、クレジットカードに求められる要素を一通り備えていて、初めてクレジットカードを持つという人にもおすすめ。最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しており、年間100万円までのお買物安心保険もついていますので、海外で盗難事故などの被害に遭ったときも安心です。

三井住友カード

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

「三井住友カード プラチナプリファード」は、通常のポイント還元率は1.0%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。海外旅行先や海外ECサイトで三井住友カード プラチナプリファードを利用した場合は、合計3%のポイント還元となるためお得です。

海外でのご利用に限定されます。詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード プラチナプリファード

クレジットカードのデポジット支払いから返金までの流れ

海外旅行にクレジットカードを携帯していれば、デポジットもクレジットカードで対応できるようになります。続いては、デポジットが求められた際の一般的な流れを、ホテルを例に見ていきましょう。

クレジットカードのデポジット支払いから返金までの流れ

1. チェックイン時

チェックイン時に、宿泊費の支払いと合わせてデポジットを求められることが多いです。宿泊費をカードで決済する場合は問題ありませんが、現金で支払う場合は、現金と別にクレジットカードを提示しましょう。ホテルによってはカードのコピーをとることもあります。 なお、ウェブサイトや旅行会社などですでにカード決済が行われている場合でも、デポジットとして提示を求められることがあります。

2. チェックアウト時

ルームサービスなどの利用があったときは、宿泊費以外の追加請求がチェックイン時に提示したクレジットカードで精算されます。その場合、追加料金をデポジットから差し引いたうえで返金されますが、デポジットを超える料金がかかった場合は、その分が追加請求されます。なお、チェックインの際にクレジットカードのコピーをとられた場合は、カード情報漏洩防止のために、チェックアウトのタイミングでコピーを受け取っておきましょう。

プリオーソライゼーション方式について

デポジットとして、サービスを提供する側(ホテルやレンタカー会社など)に見せるだけのことが多かったクレジットカードですが、近年は、提示されたカードが有効な状態かを確認するプリオーソライゼーションを行うケースも増えています。 プリオーソライゼーション方式では、サービスを提供する側が端末を使ってカード会社にアクセスし、偽造の有無や限度額に達していないことなどをチェックします。その際、問題なく使えるかの確認として1泊分ほどの宿泊費をチャージすることがあります。

プリオーソライゼーションのチャージはいつ返金される?

プリオーソライゼーションでチャージが行われた際は、クレジットカードが認証できたその場、もしくはチェックアウトの段階でキャンセルされます。 ただし、チャージとキャンセルが月をまたぐなど、カード会社の処理のタイミングによっては、返金までに日数を要することもあります。

デポジットをクレジットカードで対応するときの注意点

デポジットのクレジットカード対応は、大切な旅行資金となる現金を預ける必要がないため、便利で安全な方法です。ただし、次の点に注意しましょう。

必ず明細をチェックする

デポジットで使用したクレジットカードが不正に使われていないか、プリオーソライゼーションでチャージをされた場合は正しく返金されているかを、チャージ金額と併せて必ず確認しましょう。 Web明細などを利用すれば、こまめにチェックがしやすくなります。なお、デポジットを求められたホテルやレンタカー会社の精算書は、帰国後も返金の確認がとれるまで保管しておくことをおすすめします。

クレジットカードの上限額に注意

プリオーソライゼーションでチャージが行われた場合、キャンセル処理が終わるまではチャージ分が利用可能額から引かれたままとなります。クレジットカードの上限額が低かったり、利用可能額が少なかったりすると、旅行の途中でクレジットカードが使えなくなってしまう可能性も。出国前に上限の変更や利用可能額の確認を行うとともに、クレジットカードを2枚以上用意しておくと安心です。磁器不良などでメインのカードが使えなくなったときの備えにもなるでしょう。

あわせて読みたい
クレジットカードを複数枚持つメリットは?使い分けがおすすめな理由

デポジットのしくみを事前に理解し、スムーズな対応を!

デポジットは日本人にはなじみの薄い習慣だけに、理解していないと戸惑ってしまうかもしれません。しかし、海外では一般的ですので、求められた際にはスムーズに対応できるようにしましょう。 また、帰国後は明細のチェックも忘れずに行えるよう、事前にデポジットのしくみを理解し、楽しい滞在時間を過ごしてください。

2020年12月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

三井住友カードなら最短5分(※)で即時発行!
カードの到着を待たずにすぐ使える!

  • ※各カード詳細ページからは即時発行でのお申し込みはできません。即時発行をご希望の方は、こちらのページの「即時発行お申し込み」のボタンからお申し込みください。
  • ※即時発行お申し込みの際は、お申し込み前に必ず「即時発行に関する注意事項」をご確認ください。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

即時発行について

≪受付・審査時間について≫
  • ・即時発行は9:00~19:30までにお申し込みされたものが対象となります。
  • ・上記時間外にお申し込みされた場合は、翌日9時以降に審査を開始します。優先的に審査が行われるわけではございませんのでご注意ください。
≪お申し込みついて≫
  • ・追加カードはiDの一体型のみ同時申込できます。(ETC・PiTaPa・家族・iD(専用・携帯型)は対象となりません)
  • ・即時発行をすでにご利用いただいたことのある方は2枚目のお申し込みはできません。
  • ・ご入会には、通話可能な電話番号をご用意ください。
  • ・IP電話ではカード番号表示に必要な電話認証はできません。
≪カード情報のご確認について≫
  • ・Web上でカード番号を確認できる期間は1ヵ月間となっております。終了後につきましては、お申し込みから1週間程度で送付されるカードをご利用ください。
≪送付するカードについて≫
  • ・ご入会後、カードをお届けしますが、お受け取りにならず弊社に返送された場合は、一定期間経過後にご解約となりカードがご利用いただけなくなりますので、必ずお受け取りいただきますようお願いいたします。
※以下に該当する場合は即時発行することはできません。
  • ・お客さまがカード引落口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
    インターネットで引落し口座の設定可能な金融機関
  • ・各金融機関にて口座設定をする際に、通信トラブルなどによって設定が完了できなかった場合
  • ・各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合
  • ・キャッシングのご利用枠をご希望の方で、お申し込みの際にキャッシングのご契約内容をインターネット上で確認・保存されない場合
  • ・お客さまのお申し込みに不備などがあった場合
  • ・お客さまが19:30以降にカード発行のお申し込みを弊社に行った場合
  • ・カードのお申し込みが集中した場合
  • 外国の政府などにおいて、重要な地位を占める方
  • ・事業でお使いになることを目的とした方
  • ・ご職業が複数ある方
  • ・個人事業主の方

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP