カードローン

LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

カードローン

Powered by 三井住友カード

カードローン入門

カードローンの一括返済のメリットや方法は?返済額の違いも解説!

カードローンの一括返済のメリットや方法は?返済額の違いも解説!

カードローンは、毎月決まった額を返済していく約定返済が基本ですが、臨時返済を利用すれば、残高一括返済することができます。一括返済を行えば、借入期間を短くすることができ、結果として支払うべき利息の総額を低く抑えることもできます。
ここでは、カードローンを上手に使うポイントとなる、一括返済について解説します。

目次

臨時返済のしくみを利用して一括返済するメリット

カードローンの利息の計算は日割りで行われるため、長く借りれば借りるだけ、利息がかかります。そこで注目したいのが、借入残高を利息とともにすべて返済する一括返済です。
月々の約定返済とは別に、任意の金額を返済できる臨時返済のしくみを使えば、借入額と利息をすべて一括で返済することができるのです。

カードローンを提供している会社によっては、「1回払い」などの名称で、元金全額と利息分をまとめて1度に支払いをする返済方法もあります。しかし、1回払いは返済期限が借入れた翌月までなどと期限が限られていますし、ほとんどのカードローンは1回払いではなくリボルビング方式による返済が主流であり、1回払いを扱っていない会社も多くあります。今回解説する一括返済とは、カードローン各社が取り扱う臨時返済のサービスを使用して完済するものですので、通常の1回払いとは別のものになります。

一括返済最大のメリットは、支払う利息の総額を抑えられること

臨時返済の最大のメリットは、支払う利息の総額を低く抑えることができるという点です。詳細は後述しますが、返済期間が短くなれば、予定していた期間分の利息は支払い不要となりますので、利息の総額を抑えることができます。
この臨時返済のしくみを利用して一括で返済する場合、その時点での借入残高と利息を支払えば完済となり、以後の利息が発生することはありません。

一括返済すれば、カードローンが利用しやすくなる

一括返済のもう1つのメリットが、借入枠が復活することです。カードローンの利点は、利用枠の範囲内でいつでも何度でも利用できる点ですが、利用枠ギリギリまで借入れている場合、そのメリットを活かすことができません。
50万円の利用枠内で、49万円まで借りていた場合、あと1万円までしか利用できませんが、一括返済をして利用枠に余裕を持たせておけば、いざ手元に現金が必要というときに困らないでしょう。

一括返済で利息の支払い総額が抑えられる理由は?

カードローンは、返済するときに利息分を加算しますが、この利息は「借入残高」「金利」「借入日数」によって変化します。借入残高が大きければそれだけ利息は増えますし、金利が高ければもちろん利息は割高になります。

そしてもうひとつ、利息にかかわる要素が借入日数です。同じ金額を借入れたとしても、利息は日割りで計算されるため、それを完済するまでの期間によっては、支払う利息の総額が大きく変わるのです。
利息は借入残高に対して発生しますので、一括返済をして返済期間が当初の予定より短くなった場合、短くなった期間分の利息を払う必要はありません。
臨時返済によって借入残高を完済すると同時に、その時点での利息も返済することになりますので、一括返済で利息の総額を減らすことができるというわけです。
利息の計算方法について、もう少し詳しく見ていきましょう。

返済実績に応じて金利が下がるサービスも。三井住友カードのカードローンの特徴は?
年会費無料のカードローンは三井住友カードのカードローン

カードローンの利息は1日ごとに加算されていく

返済の際に支払うべき利息の額は、借入額と金利、そして借入日数によって決まります。
計算式は次のとおりです。

<利息の算出式>
利息=借入額×金利(年利)×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)

毎月の残高によって利息金額を計算する場合、残高が減るにつれて毎月の利息金額は減ります。

返済までに10日かかれば10日分、20日かかれば20日分の利息が加算されます。しかし、例えば借入れた日から3日後に一括返済してしまえば、利息は3日分だけで済み、それ以上支払う義務はありません。

例)
50万円を金利15.0%で借り、30日後に一括返済した場合の利息金額
利息:50万円×0.15×30÷365=6,164円

例)
50万円を金利15.0%で借り、10日後に一括返済した場合の利息金額
利息:50万円×0.15×10÷365=2,054円

上記の例で見ると、30日かけて返済した場合の利息金額は6,164円ですが、10日で返済した場合の利息は2,054円で済みました。一括返済することで、返済予定期間までに支払うはずだった20日分の利息を節約できるというわけです。

一括返済するときの手順

一括返済をする際の手順を追っていきましょう。ご利用のカードローンに一括返済というメニューがない場合でも、臨時返済の形式で、同じ手順で進めていけば問題ありません。

1. 借入残高を確認する

カードローンを提供している会社に連絡をとり、現在の正確な借入残高を確認します。ウェブサイトやアプリのマイページなどでも確認できるでしょう。利息は1日単位で加算されていきますから、返済日によって利息を含めた一括返済額は変動します。余裕を持った金額を用意できたら、連絡をしてみましょう。

2. 一括返済の方法を選択する

店舗窓口で対応したり、銀行やコンビニのATMで返済、または銀行振込で返済できたりと、会社によって返済方法にはいくつか種類があります。ATMを使う場合は手数料が必要になる場合もありますので、注意が必要です。
また、利息分を含めると、1円単位の支払いになる場合がほとんどです。ATMで返済する場合は、硬貨の取扱いがあるATMを利用するようにしましょう。

3. 必要な金額をすべて入金する

残高を確認して、即日入金できれば残高は0円となり、完済したことになります。
もし、残高の確認から入金までに日数が空いてしまうと、その間の利息も必要になります。返済予定日を過ぎてしまう場合は返済すべき金額が変わりますので、カードローンを提供している会社に連絡をして、改めてご返済額を確認しましょう。

4. 必要ならば完済証明書を発行してもらう

完済証明書は、住宅ローンなど大きな融資を受ける場合に、提出を求められる場合があります。必要になった場合は、カードローンを提供している会社に連絡をして、完済証明書を発行してもらいましょう。

一括返済で押さえておきたいポイント

大きなメリットのある一括返済ですが、押さえておきたいポイントもいくつかあります。

完済してもカードローンの解約になるわけではない

借入額をすべて完済したといっても、カードローンが解約されるわけではありません。次に借入れが必要になったときには、いつでも利用することができますから安心です。
「別に使う予定がない」という人でも、カードローンは年会費がかからず、持っているだけならコストがかかるものでもありません。一度解約してしまうと、次に必要になったときにまた審査を受けなければならず、そのときに審査に通るという保証はありません。それを考えれば、解約はせずカードは手元に置いておくといざというときに役立つでしょう。

一括返済は無理のないタイミングで

一括返済には、将来的に支払うべき利息負担をカットできるというメリットがあります。しかし、手持ちの資金がギリギリの状態で無理をして一括返済するのは、あまり得策とはいえないでしょう。
手元の現金や預金が心細くなり、生活を圧迫してしまうことになりかねません。
余裕を持った返済プランを立てて、臨時収入があったタイミングなど、お金の余裕ができたときに一括返済を検討しましょう。

返済完了のお知らせは届かない

借入金をすべて返済しても、カードローンを提供している会社から完済の連絡が来ることは、ほとんどありません。解約しないかぎり、いつでも借入れができる状態が保たれています。
本当に完済したのか心配という方は、カードローンを提供している会社に確認してみましょう。また、カードローン各社では、契約者向けのウェブサービスを提供しています。契約者自身の個人ページにログインすれば、そこで借入残高の有無を確認することができます。

返済方法を使い分け、カードローンのより有効な活用を

残高を一度に返済する一括返済は、将来的に支払う利息分を節約できるという大きなメリットがあります。臨時収入などで余裕があり、しかも、近いうちに大きな出費の予定もないという状況であれば、検討してみてはいかがでしょうか。たとえ全額ではなくても、臨時返済で借入残高を減らすことができれば、将来的な利息の負担を軽くすることができるのです。
カードローンは借入れと返済のバランスを見ながら、賢く使うことが肝要です。臨時返済のしくみを利用した一括返済で負担がなくなれば、カードローンをさらに有効に使えるようになるはずです。

よくある質問

Q1:カードローンは、一括返済を利用したほうがいいのですか?

カードローンでの一括返済とは、臨時返済のサービスを利用して完済することをいいます。資金に余裕があって完済できる場合は、一括返済をしたほうがいいでしょう。一括返済の最大のメリットは、支払う利息の総額を抑えられることです。

返済方法は毎月の約定返済のほか、臨時返済も利用できる

年会費無料のカードローンは三井住友カードのカードローン

Q2:カードローンで一括返済をする方法は?

利用中のカードローンに一括返済というメニューがない場合、臨時返済と同じ手順で返済します。カードローンを提供している会社に連絡をして借入残高を確認し、返済方法を選んで完済に必要な金額をすべて入金すれば完了です。

返済方法は毎月の約定返済のほか、臨時返済も利用できる

年会費無料のカードローンは三井住友カードのカードローン

Q3:完済したらカードローンは解約になるのですか?

借入額をすべて返済しても、カードローンを解約したことにはなりません。カードローンは会費や維持費がかかりませんので、次に借入が必要になった場合に備えて、契約したままにしておくことをおすすめします。

返済実績に応じて金利が下がる、長く付き合うほどお得なカードローン

年会費無料のカードローンは三井住友カードのカードローン

三井住友カード カードローン・カードローン(振込専用)貸付条件

カード名

三井住友カード
カードローン

三井住友カード
カードローン(振込専用)

利率(実質年率) 1.5%~15.0% 1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

カード名

三井住友カード カードローン
三井住友カード カードローン

利率
(実質年率)

カードローン

1.5%~15.0%

カードローン(振込専用)

1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

キャンペーンはこちら!
5月31日まで!

キャンペーン実施中!

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

カードローン
三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい金利
引き下げサービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディな融資

選べるご返済日

申込WEB完結

カードローン

三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい
金利引き下げ
サービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディ
な融資

選べるご返済日

申込
WEB完結

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. カードローン入門
  4. カードローンの一括返済のメリットや方法は?返済額の違いも解説!