実はこんなに便利でお得! 意外と知らないクレジットカードのメリット

クレカの基礎知識

実はこんなに便利でお得! 意外と知らないクレジットカードのメリット

実はこんなに便利でお得! 意外と知らないクレジットカードのメリット

ショッピングや光熱費、学費などさまざまなお支払いにクレジットカード決済を利用できるようになったこともあって、異なるクレジットカードを用途に応じて上手に使い分けている方も多いようです。しかし、まだクレジットカードを有効に活用できていない方も、たくさんいると思います。

では実際に、クレジットカードを所有するとどのようなメリットがあるのでしょうか。デメリット、注意点と併せて具体的に説明していきます。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードを所有することの主なメリットは以下のとおりです。

ポイントが貯まる

ほとんどのクレジットカードには、利用額に応じてポイントが貯まる「ポイントサービス」が付帯されています。このサービスを一番のメリットと考える方は多いのではないでしょうか。ポイントの貯まり方はクレジットカード会社によってさまざまですが、貯まったポイントは商品券やマイルと交換したり、店舗で現金の代わりとして利用したりできるのが一般的です。クレジットカードの種類や、使い方によってはポイント還元率が高いものもあります。三井住友カードでも、18~25歳限定のいつでもポイント2倍になる「デビュープラスカード」や、ネットショッピングでポイントが貯まる「ポイントUPモール」、事前エントリーで店頭でお買物をするとキャッシュバックやポイントが貯まる「ココイコ!」などポイントがお得に貯まるご利用方法がございます。

多額の現金を持ち歩かなくてすむ

ショッピングや海外旅行では、多額の現金を持ち歩くことはなるべく避けたいものです。クレジットカードがあれば、買物の度に財布を取り出して小銭を探す必要もございません。盗難された場合もクレジットカード会社に連絡し、クレジットカードの利用を停止することで、不正利用のリスクを減らすこともできます。自分のお金が減る心配もありません。

公共料金のお支払いがラク

クレジットカードは毎日の買物だけでなく、電気代、水道代、ガス代、電話代といった公共料金のお支払いにも利用することができます。毎月決まって出て行くお金ですから、そのお支払いをクレジットカードに集約することで、効率よくポイントを貯めることができるのも魅力的です。

交通系クレジットカードなら移動がラク

SuicaやPASMO、PiTaPaといった交通系ICカードとクレジットカードが一体化された交通系クレジットカードなら、オートチャージ機能によって自動的にチャージされるため、残高不足で手間取ることもありません。通勤通学で電車などの公共交通機関を毎日利用する場合には、交通系クレジットカードが一枚あればお得にポイントを貯めることができます。

保険が付帯する

ほとんどのクレジットカードには海外旅行傷害保険やショッピング保険などが付帯しているため、国内や海外旅行時の事故やショッピングに関するトラブルなど、万が一に備えることができます。

三井住友カードでは、カードで購入した商品の破損・盗難による損害を補償する「お買物安心保険」など、旅行時の万が一に備えたサービスを用意しています。

利用店舗によっては割引サービスやプレゼントなどがある

特定の店舗でクレジットカードを利用すると代金が割引になったり、提携している施設やお店でクレジットカードを提示するとプレゼントサービスがあったりと、さまざまな特典を受けることができます。

利用明細が発行されるため家計簿代わりになり節約につながる

クレジットカード払いをすると毎月の利用明細が発行されるため、家計簿をつけなくてもお金の流れを把握できます。支出を管理して無駄遣いをなくし、ポイント活用やキャッシュバックなどをうまく使うことで、節約につながります。

海外のホテルやレンタカーサービスの利用手続きがスムーズ

欧米をはじめとする海外の国々では、クレジットカードを持っていることがその人の社会的信用の証とされています。海外のホテルやレンタカー会社などではクレジットカードの提示を求められるところも多く、所有していない場合には詳細な個人情報の提示を求められたり、デポジットを要求されたりすることもあるでしょう。

クレジットカードを持つデメリット、注意点

一方、クレジットカードを所有することにはデメリット・注意点もあります。具体的には以下のとおりです。

使い過ぎてしまう

クレジットカードを利用すると、手元のお金には一切動きがないため、お金を使っているというイメージがつかみにくいものです。気がつかないうちに、思った以上に使い過ぎてしまう可能性も。利用明細は必ず保管して自分の利用金額を把握したり、クレジットカードの利用限度額を下げておいたり、あらかじめ使い過ぎを防ぐための対策をしておくことも大切です。

三井住友カードの「カードご利用代金WEB明細書サービス」ならWEB上で明細を管理できるため、クレジットカードの利用金額も把握しやすく非常に便利です。

不正利用のリスクがある

クレジットカードを所有していて怖いのが、紛失や盗難、スキミングなどによる不正利用のリスクが生じることです。一般的にクレジットカードの請求は「毎月1度」ですから、不正利用をされても気がつくまでに時間が経過してしまう点がデメリットと言えるでしょう。ただし、こうした不正利用に対しては、写真入りのクレジットカードを作ったり、盗難保険の付帯されたクレジットカードを選んだりすることで対応することができます。

普段、当たり前のように利用しているクレジットカード。上記の内容を参考にして、そのメリットやデメリットを正しく理解しておきましょう。

三井住友カードでは「会員保証制度」という、不正利用された際にご連絡頂くと60日前まで遡り不正利用の損害の補償をする制度があります。

限度額に達すると一時的に利用できない

クレジットカードにはあらかじめ利用限度額というものが設定されています。普段から頻繁にクレジットカード払いを利用している場合には、知らないうちに利用限度額に達してしまうこともあります。利用限度額に達した場合には、一時的にクレジットカードが利用できなくなってしまいますので、万が一の際に備えて常に多少の現金は持参するのがおすすめです。

今回の記事のまとめ

クレジットカードを持つメリット

  • ポイントが貯まる
  • 多額の現金を持ち歩かなくてすむ
  • 公共料金のお支払いがラク
  • 交通系クレジットカードなら移動がラク
  • 保険が付帯する
  • 利用店舗によっては割引サービスやプレゼントなどがある
  • 利用明細が発行されるため家計簿代わりになり節約につながる
  • 海外のホテルやレンタカーサービスの利用手続きがスムーズ

クレジットカードを持つデメリット

  • 使い過ぎてしまう(ご利用代金明細書をとっておくなどして計画的に利用することで解決できる)
  • 不正利用のリスクがある(保険に入ることなどで不正利用のリスクは防げる)
  • 限度額に達すると一時的に利用できない

この記事に出てくるクレジットカード

  • デビュープラス
    デビュープラス
    18~25歳限定
    いつでもポイント2倍!

合わせて読みたいおすすめのクレジットカード記事

人気ランキング

注目!ピックアップ記事