クレジットカードを30代で初めて選ぶときのポイントは?おすすめのカードもご紹介

  • 30代のクレジットカードの選び方とは?

    2023.10.10

30代のクレジットカードの選び方とは?初めての方におすすめのカードもご紹介

ライフステージの変化に応じて変わる、お金の使い方。特に30代は、仕事で昇進や昇給による可処分所得が増える一方で、プライベートでは結婚や出産で出費が増えるタイミングです。このタイミングで、初めてクレジットカードを作りたいと思う方や、20代になんとなく作ったカードを見直したいと考える方も多いのではないでしょうか。

ここでは、30代が持つべき、もしくは持っていても恥ずかしくないクレジットカードとはどんなカードなのか、カードを選ぶときに注目すべきポイントや、ステータス、コスパに合わせたおすすめの三井住友カードをご紹介します。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

30代が持つクレジットカードの選び方

30代がクレジットカードを選ぶ際に、注目したいポイントはおもに以下の4つです。順に見ていきましょう。

  • クレジットカードのステータス
  • ポイント還元率などによるコストパフォーマンス
  • 利便性や先進性
  • 付帯サービスの充実さ

クレジットカードのステータス

「クレジットカードのステータス」は、人によってはカードを選ぶ際の重要なポイントになります。一般的に、クレジットカードのステータスを分けるのは以下の3つの要素です。

  • 発行会社
  • 国際ブランド
  • カードランク

クレジットカードはさまざまな会社から発行されており、その会社の系統によって「銀行系」「信販系」「流通系」「交通系」の4つのタイプに分類されます。

クレジットカードの種類ごとの発行会社とランク

それぞれの系統ごとに特徴やステータスに差があるため、クレジットカードを選ぶ際は系統ごとの特徴を把握しておきましょう。

発行会社の系統 特徴
銀行系
  • 信頼性が高く、セキュリティ面が充実
  • 発行元の銀行口座を支払いに利用するとATM手数料が優遇される場合がある
信販系
  • カード会社としての歴史が長く、安定してサービス・サポートが受けられる
  • カードのグレードや特典が幅広い
流通系
  • 日用品や食料品の買い物で割引やポイントを得られる
  • 利用額によってはクレジットカードの年会費が無料になる
交通系
  • ICカード乗車券付のカードならオートチャージが可能
  • ショッピングでマイルを貯めることもできる

上記のなかでも三井住友カードを始めとした銀行系は、ステータスが高いとされています。人前でクレジットカードを利用する際に周囲の目が気になる人にもおすすめです。

また、クレジットカードの国際ブランドもステータスを左右する重要なポイントです。クレジットカードの支払いに利用できる国際ブランドには、以下の7つの種類があります。

  • Visa
  • Mastercard®
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 銀聯
  • DISCOVER

上記の国際ブランドはいずれも国や地域を問わず世界中で利用できますが、三井住友カードでは国際ブランドのなかでも発行枚数と加盟店数が圧倒的に多いVisaとMastercardを取り扱っています。知名度の高さや利用できる店舗の多さから、ステータスにこだわるならVisaかMastercardの2つのいずれかの国際ブランドがおすすめです。

さらに、クレジットカード自体のランクも、ステータスに密接に関係します。一般的にクレジットカードのランクはスタンダード(一般)<ゴールド<プラチナ<ブラックの順に高くなり、ランクが上がるほど年会費も上がる一方、特典や優待サービスといった内容が充実しています。

クレジットカードの種類ごとの発行会社とランク

ブラックカードが存在するクレジットカード会社はあまりなく、三井住友カードのようにプラチナカードが最高ランクというところも多いです。プラチナカードのほとんどは、インビテーションがなくても申し込みできるため、すぐにステータスカードを持ちたいならプラチナランクがおすすめです。

還元率などのコストパフォーマンス

ポイント還元率などのコストパフォーマンスも、カードを選ぶ際には着目したい点です。特に、以下のポイントに注意してみてください。

【クレジットカードを選ぶ際のポイント】

  • ポイント還元率
  • 特定店舗での還元率アップ
  • 年会費の有無
  • ポイントの有効期限の有無

結婚や出産によって家族のメンバーが増えると、当然出費が増えます。そのため、家族の支払いをクレジットカードにまとめると、効率的にポイントを獲得できるので、まずはポイント還元率の高さを重視しましょう。貯まったポイントを生活費に還元すれば、家計の負担が軽くなります。また、還元率がアップする特定店舗が、よく利用する店舗やショッピングサイトであれば、より多くのメリットを受けることができます。
ほかにも年会費が永年無料、付与されるポイントの有効期限が長いなどの点を確認して、よりコストパフォーマンスが良いクレジットカードを選びましょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


家族ポイントなら、対象のコンビニと飲食店でスマホでのタッチ決済利用でポイント還元率が最大12%!

「家族ポイント」は、三井住友カードの対象のクレジットカードを持っている家族を登録して、対象のコンビニ・飲食店で利用すると、登録した家族の人数分×1%のポイント還元率がアップするサービスです。登録できる家族は2親等までで、最大+5%のポイントが還元されます。

さらに、対象の三井住友カードなら、通常のポイント200円(税込)につき1ポイント(0.5%)に加えて、対象のコンビニ・飲食店でスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済で支払うと+6.5%が還元されるので、家族ポイントと合わせれば、最大で12%のポイント還元!

三井住友カード プラチナプリファードなら、通常のポイント還元率1%に加えて、対象のコンビニ・飲食店での利用で+6%還元されるので、同じく家族ポイントと合わせて最大12%のポイント還元率となります。

家族ポイントと既存サービスを併せたポイント還元率 家族ポイントと既存サービスを併せたポイント還元率

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

最大12%ポイント還元を受けるには取引条件があります。

対象カードを登録したバーコードなどのスマホ決済アプリのご利用分は、ポイント加算の対象となりません。

対象店舗のネットショッピング、配達サービスなどのご利用は、ポイント加算の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


利便性や先進性

クレジットカードを選ぶ際は、利便性や先進性の高いサービスがどれだけ付帯しているかもチェックしましょう。

例えばタッチ決済で簡単に支払いが可能な「電子マネー」。クレジットカードによって利用できる電子マネーは異なります。普段使用しているスマートフォンの決済アプリに対応しているものを選ぶと、スマホ決済ができて便利です。

カードが発行されない「カードレス」タイプのクレジットカードも登場しており、財布を太らせることなくスマホ1台あれば手軽に決済が完了します。

また最近ではクレジットカードや銀行口座をひとつのアプリで管理できるサービスも出てきています。キャッシュカードやクレジットカードが1枚になっていることで、財布に何枚もカードを入れる必要がなく、毎日の支払い手続きがスムーズになったり、資産管理が容易になったりするメリットがあります。このような、便利かつ新しいサービスに対応しているかも30代のカード選びでは重要です。

例えば、三井住友フィナンシャルグループが提供するモバイル総合金融サービス「Olive(オリーブ)」では、専用アカウント(Oliveアカウント)を作成することで、1つのアプリだけで口座・決済・証券・保険・ローンなどをまとめて管理ができます。共通のID(SMBC ID)で一度ログインすれば複数のサービスが利用できるため、複数のアプリやウェブサイトを行き来する必要がありません。

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

Oliveアカウントを作成すると、クレジット・デビット・ポイント払いを切替えできる「Oliveフレキシブルペイ」が発行されます。後払いの「クレジットモード」、カード支払いと同時に口座から即時引き落とされる「デビットモード」、貯まったVポイントで支払う「ポイント払いモード」の3つの支払い機能が一体となり、三井住友銀行のキャッシュカードとしても機能するオールインワンカードです。

付帯サービスの充実

クレジットカードには、旅先や日常生活でカード会員だけが利用できるサービスを付帯しているものがあります。一般のカードでも発行会社によっては、付帯サービスが充実しているものもあるため、チェックしておいて損はありません。サービスによっては旅行先などでワンランク上のライフスタイルを楽しめることも! クレジットカードのランクが上がるほどサービスや特典内容が充実し、割引対象となる店舗の幅も広がります。
特に年会費がかかるステータスの高いカードはきちんとサービス内容を確認しておきましょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


そのほかの押さえておきたいポイントは?

クレジットカードの用途やポイントを貯める目的は人それぞれです。一般的な付帯サービスや特典以外にも、ライフスタイルに応じて押さえておきたいポイントをご紹介します。

一般的な付帯サービスや特典以外の押さえておきたいポイント

ポイント1 セキュリティ面

万が一のときのために、不正利用時の補償、紛失や盗難時のサポート内容など、セキュリティ面をきちんと確認しましょう。

三井住友カードの「ご利用通知サービス」は、カード利用時にリアルタイムでプッシュ通知されるため、不正利用時もすぐに判明します。また、「不正利用検知システム」で24時間365日モニタリングし、このシステムより不正利用の可能性のある事態を事前・早期に発見できる体制を整えているので安心です。

さらに、あんしん利用制限を設定しておくことで、未然に不正利用を防ぐことや、不正利用被害の拡大を防ぐこともできます。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


ポイント2 アプリの使いやすさ

アプリや会員用ウェブページで、支払い金額や利用履歴をすぐにチェックできると便利ですよね。三井住友カードの「Vpassアプリ」では、カードの利用状況やポイント残高がいつでも確認できます。さらに、VpassアプリとMoneytreeを連携することで、毎月の収支を確認できる家計管理機能を搭載。クレジットカードも銀行も、ポイントも電子マネーも、これひとつで管理することができます。

またVpassでは、生体認証を使ったログインを利用することも可能です。自分しか持たない生体情報を使ってログインできれば、他人に悪用される心配がありません。

ポイント3 ポイントの使いやすさ

クレジットカードではカードの利用金額に応じてポイントが付与されますが、付与されるポイントをどのように利用できるかも重要です。ポイントによって交換できる商品やマイル、共通ポイントの種類が異なるため、自分にとって便利でお得な交換方法があるかは事前にチェックしておきましょう。

三井住友カードの場合、ご利用金額の合計200円(税込)につき「Vポイント」が1ポイント(0.5%)貯まります。Vポイントとは、毎月のカードご利用金額に応じてもらえるポイントで、SMBCグループ各社のお取引で貯まるVポイントと合算して利用することができます。

貯まったポイントは、スマートフォンアプリ「Vポイント」(以下「Vポイント」アプリという)を利用したお買い物やお支払い金額への充当のほか、景品との交換や他社のポイントプログラムに移行することができます。

Vポイントの対象とならないカードがあります。

Vポイントのご利用には諸条件・利用店舗の制限があります。

そのほか「三井住友銀行の振込手数料に充当する」「VJAギフトカードに交換する」「マイレージに交換する」といった多様な使い道があるため、好きな方法で余すところなくVポイントを使い切れるでしょう。

ポイント4 投資に対応

SBI証券と三井住友カードによる「三井住友カードつみたて投資」は、三井住友カード発行のクレジットカードで投資信託を積立買付できます。

積立可能な金額は毎月5万円までとなり、積立額の0.5%のVポイントが付与されます。

例えば、年間60万円積み立てれば、3,000ポイントを獲得することができます。

資産運用をしながら、毎月Vポイントを獲得できるため、中長期的な資産形成を考えている方なら、ぜひご利用を検討していただきたいサービスです。

30代で初めてクレジットカードを作る際の注意点

30代の方が初めてクレジットカードを作る場合、以下のような注意点があることを覚えておきましょう。

  • クレジットカードの利用履歴がないと信用度の評価が難しい場合がある。
  • 申し込むカードは一般カードから選ぶことをおすすめ

クレジットカードに申し込むとカード会社による審査が行われます。その際にカード会社は信用情報機関にアクセスし、申込者の過去のクレジットカード等の金融商品の利用履歴をチェックします。過去にクレジットカードを使用したことがないと支払い履歴が空白の状態です。空白の状態では「期限どおりに支払いをしてくれる人なのか」を判断することができず、信用面での評価が難しくなる場合があります。

信用面で評価が難しいとゴールドカードやプラチナカードといった高ステータスカードの審査通過が難しくなることが考えられます。

最初に一般カードに申し込み、クレジットカードの利用実績(クレヒス)を積んでからステータスカードに申し込むのがおすすめです。

コスパで選ぶ!30代の方におすすめのクレジットカード

コスパ重視であれば、年会費が永年無料の「三井住友カード(NL)」「三井住友カード(CL)」がおすすめです。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)・三井住友カード(CL/カードレス)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでのお買い物もスムーズです。

「三井住友カード(CL)」は、お申し込みから決済、利用状況の管理まで、すべてをスマートフォンからの操作で完結できるのが大きな特徴。カード番号・有効期限といったカード情報の確認や利用状況の管理は、Vpassアプリから可能です。Vpassアプリは生体認証ログインにも対応しているため、なりすましや不正利用を防ぎ、安心・安全にご利用いただけます。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

年会費永年無料のナンバーレスカード!


三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL)

三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 1・2・3

ポイント

最大7%還元

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短104

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※3 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※4 即時発行ができない場合があります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

スマホ一台で身軽にお買い物

スマホ一台で身軽にお買い物


三井住友カード

(CL/カードレス) 

三井住友カード(CL) 三井住友カード(CL)

三井住友カード

(CL/カードレス) 

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短101

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 即時発行ができない場合があります。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード(NL)・三井住友カード(CL)・三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大7%!

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード(NL)・三井住友カード(CL)・三井住友カード ゴールド(NL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

スマートフォンアプリ「Vポイント」、Visaプリぺ、かぞくのおさいふへのチャージで0.25%還元!

クレジットカードから、対象の商品へチャージするとVポイントが0.25%還元されます。還元対象となるのは、「Vポイント」アプリ、「Visaプリペ」、「かぞくのおさいふ」です。

「Vポイント」アプリは、1ポイント=1円として、ネットショップ、または店頭でも、VisaもしくはiDが使えるお店でお支払いに使えます。

三井住友銀行から、またはカードのご利用に応じて貯まったVポイントを「Vポイント」アプリへチャージすることも可能です。

そして「かぞくのおさいふ」は、家族間のお金のやり取りをキャッシュレスで簡単・便利にするサービスで、Visaプリペイドカードを使用します。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

ステータスで選ぶ!30代の方におすすめのクレジットカード

ステータスが高いとされている銀行系クレジットカード。ステータスで選びたい方にぴったりの三井住友カードのなかからおすすめしたいカードをご紹介します。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズにお買い物ができます。

また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

20歳から持てるおトクなゴールドカード

20歳から持てるおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。従来の三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)に加え、三井住友カード プラチナプリファードでもナンバーレスカードをご選択いただけます。

ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。

ポイント特化型のプラチナカード

ポイント特化型のプラチナカード


三井住友カード

プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード

プラチナプリファード

年会費

33,000円(税込)

ポイント還元率

1%~10%

限度額

~500万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

三井住友カードつみたて投資でVポイントが貯まるイメージ

三井住友カードつみたて

投資でVポイントが貯まる

積立額の5.0%

ポイントイメージ

毎年、継続利用で 1

最大40,000

ポイント

特約店の利用イメージ

特約店の利用で

獲得ポイント 2

最大+9%

※1 毎年、前年100万円ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

シーンに合わせてクレジットカードの使い分けを

シーンに合わせてクレジットカードの使い分けを

クレジットカードは、自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことで、より充実した生活を送ることができます。例えば、ステータスの高いカードは、多種多様な付帯サービスや特典で、家族との時間をより豊かなものにしてくれます。また、コンビニなどでポイント還元率が高くなるクレジットカードも、平日のちょっとしたお買い物に役立つかもしれません。ご自身や家族のライフスタイルに合わせ、最適なカードをお選びください。

よくある質問

Q1.30代がクレジットカードを持つ際の選び方は?

30代がクレジットカードを選ぶ際に注目したい主なポイントは、クレジットカードのステータス、ポイント還元率などによるコストパフォーマンス、利便性や先進性、付帯サービスの充実ぶりなどです。そのほかにも、セキュリティ面、アプリの使いやすさ、ポイントの使いやすさ、投資に対応しているかなどの選び方があります。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.ステータスで選ぶ際に、30代におすすめのクレジットカードは?

ステータス性の高さでクレジットカードを選ぶなら、銀行系クレジットカードの三井住友カードがあります。「三井住友カード ゴールド(NL)」「三井住友カード プラチナプリファード」がおすすめです。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.コスパで選ぶ際に、30代におすすめのクレジットカードは?

コスパ重視であれば、年会費が永年無料の「三井住友カード(NL)」がおすすめです。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスで、安心・安全に使用できます。

詳しくは以下をご覧ください。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です

2023年10月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには三井住友カードがおすすめ!

初めてのお申し込みには

初めてのお申し込みには

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。