ICカード

ICカードについて 表示する

ICカードの特徴

ICカードとは…

IC(Integrated Circuit=集積回路)チップを搭載したカードのことです。
ICチップはIC対応端末機との間でさまざまな認証作業を行う小さなコンピュータとして働きます。

ICカード イメージ

磁気カードと比較すると…

磁気カードの何十倍もの情報をICチップに蓄積することができるので、従来は不可能だった情報の暗号化など、高度な安全対策機能を取入れることが可能になりました。

IC化は世界的に広がっています

安心・安全・スピーディーにご利用ができるので、クレジットカードのIC化は世界的に広がっています。

ICカードの安全・安心

高度なセキュリティ

ICカードは高度な暗号化技術により、データを安全に保管しています。
暗証番号の正否を判断すると共に、カードが本物であるか、端末が本物であるかを、相互に認証しています。

偽造が困難

ICカードは偽造や解析が極めて困難なため、データを抜き出したりコピーすることができません。

  • 偽造カードは、磁気ストライプの情報をコピー(スキミング)して作られます。ICカードは、ICチップ内に情報を暗号化して格納していますので、単純にコピーしたカードでは利用することはできません。

暗証番号が第三者の悪用からあなたを守ります

ICカード対応加盟店でICカードをご利用の際、売上票へのサインに代わり、ご本人しか知り得ない暗証番号入力で確実なご本人確認を行います。
もし、紛失や盗難に遭っても、暗証番号がわからなければ不正利用の心配はありません。

ICカードは便利でスピーディー

サインより簡単

ICカードは4桁の暗証番号を入力するだけなのでサインする時間が省かれとても簡単で、しかもスピーディーです。

お店でもスピーディー

ICの機能により、従来よりも決済処理時間が大幅に速くなります。
しかも4桁の暗証番号を入力するだけなので、店頭での待ち時間が大幅に短縮されます。

関連ページ

表示する

カード不正使用検知システム | ICカードの利用方法