こんな手口で盗まれる

こんな手口にご注意ください。 ~クレジットカードが盗まれるケース~ 表示する

国内での主な手口

電車内、駅構内での盗難

電車内、駅などで眠り込んでいる人から財布や鞄を盗む手口。

お酒を飲んだ帰りなど、深く眠り込んだ場合は要注意。悪用犯はあなたを狙っています。人気の無い電車内・駅のベンチでの熟睡は禁物です。

新幹線・バスなどの中にもスリはいます。
車内で寝ているとき、席を外したときに上着や鞄にご注意ください。

電車内、駅構内での盗難 イメージ

飲食店盗難

飲食店などで椅子やハンガーにかけた上着や鞄から財布を抜取る手口。

カードの入った財布・貴重品は必ず身につけましょう。

飲食店盗難 イメージ

駐車場の車からの盗難

駐車中の車からピッキング・破壊によりドアを開け、カード・貴重品を盗む手口。

車の中にカード・貴重品を放置しておくと、車のドアをこじ開けられ、カード・貴重品盗難被害だけでなく、車の修理費用など多額の被害も発生します。車を離れる時は必ず貴重品(カードetc)を持って出ましょう。

ETCカードのお取り忘れにもご注意ください。

駐車場の車からの盗難 イメージ

歩行者や自転車のカゴから鞄・財布をひったくる手口

鞄は、車道と反対側に持つようにご注意ください。
自転車の前カゴには、財布など貴重品を入れないようにご注意ください。

ひったくりによる盗難 イメージ

海外での主な手口

他人名義のカードとすり替えて盗む手口

東南アジア(主にタイ)で、カードを利用したお店や、ゴルフ場・マッサージ店のロッカーに財布を預けた際に、同じカード券面の他人名義のカードにすり替える手口。

カードをご利用した後や、ロッカーにカードを預けた際は、必ずご自身の名義のカードかご確認ください。

他人名義のカードとすり替えて盗む手口 イメージ

警官を装い、暗証番号を聞き出す手口

主にヨーロッパで、偽警察官が身分確認のためパスポートの提示を求め暗証番号を聞き出し、気づかぬうちにカードを抜き取り持ち去る手口。

警察官が、暗証番号を尋ねることは一切ございません。

警官を装い、暗証番号を聞き出す手口 イメージ

空港や公共交通機関内でのスリ

特にアジア・ヨーロッパでは、空港内やバス、地下鉄内でのスリが多く発生しています。
カードや貴重品の入った財布をカバンにしまう際は、十分注意してください。

ショルダーバック・リュックなどのカバンをご利用の際は、特にご注意ください。

空港や公共交通機関内でのスリ イメージ
  • 海外でのご利用については、ホームページもご参照ください。

ご渡航の前に

いざという時、渡航先の在外公館などから緊急時情報提供を受けられる外務省の海外旅行登録システム「たびレジ」をご紹介いたします。
ご渡航前に登録しておけば、現地での緊急情報やお役に立つ情報の提供を受けることができます。ご渡航前にぜひ、ご登録を。

  • 別ウィンドウで外務省のウェブサイトにリンクします。

ご本人確認にご協力をお願いいたします。 | クレジットカードデータが盗まれるケース